遠距離恋愛手紙効果大


遠距離恋愛中のやりとりってみなさんどうしていますか?



月に何回も会える相手だと、LINEでもいいと思います。



しかし、月に1回やそれ以下しか会えない場合は、出来る限り思い出を深めたいですよね。



そんな大好きな相手とのやりとりを密にする方法として、今回は手紙でのやりとりをご紹介します。

遠距離恋愛中だからこそ手紙を書くメリットとは




遠距離恋愛手紙メリット


遠距離恋愛中は、頻繁に恋人に会えない分、気持ちのやり場に困りますよね。



毎日電話をしても相手も忙しいのだから申し訳ないとも感じますし、LINEだとなんだか寂しいものです。



そんな時に手紙を書くと、実際に相手と対話しているように感じるほど気持ちを込めることができるのですよ!



そのように会えない時に相手を想う行為として、手紙を書くことをおすすめします。



あえて手紙で文通!その手間暇が愛を深める




さらにそのサプライズの内容が手紙だとどのような効果があるかをご説明します。



手紙は、基本的に手書きの場合が多いと思います。



手書きの文字というものは、書き手の人となりや癖が表現されるものなので、その人らしさを感じることができるものです。



さらに、LINEやメールのように、頻繁にやりとりは出来ないので、1回に込められる熱量が全く異なります。



そのため、もしかしたら手紙を書くなんて人生で滅多にないかもしれません。



しかし、遠距離恋愛中だからこそ、その一枚の手紙を愛を込めて書くことで愛を伝えることができるのです。



そう考えると、遠距離恋愛中に手紙でやりとりすることが、今まで以上に愛を深める方法に思えてきませんか?



突然手紙が届くサプライズ要素に男性は感動する




男性も女性もサプライズに弱いです。



なんでもない日常にサプライズが加わるだけで、相手が自分を喜ばせようと思ってサプライズしてくれたんだ!という気持ちが伝わり、嬉しさが倍増するのです。



単なる手紙でも、実際にもらうとすごい嬉しいものです。



あなたもあるかもしれませんが、学生時代に授業中にこっそり隠れて手紙でおしゃべりした経験はありませんか?



小さな紙に文字を書いて伝えると、言葉以上に伝わる気持ちがあるように感じませんでしたか?



その経験を思い返してみると、手書きの手紙に込められている気持ちの重みを思い出すことでしょう。



そして重要なことは、何の前触れもなく突然渡すことです。



会っている時に渡すのも、郵送でもいいです。



重要なことは「わざわざあなたのために書いたのよ」ではなく、「気持ちが溢れすぎて書いたんだ!」という想いです。


押しつけがましい態度は、手紙の上品さを損なうのでやめましょう!



遠距離恋愛中にお勧めの手紙の書き方




手紙の書き方おすすめ6選


実際に手紙を書いてみると分かると思うのですが、手紙を書くって非常に難しいです。



書く内容を決めたり、伝える順序を決めたり、内容が恥ずかしすぎないか決めたり確認事項は多くあります。



さらに、遠距離恋愛中だからこそ気を付けたいポイントもあるので、そのことについて詳しくご紹介します!



何を伝えたいのかまとめてから書き出す




手紙や文書を書く時に一番気を付けて欲しいことは、内容をまとめてから書くことです。



考えながら書いてしまうと、結局何が言いたいのか相手には伝わらなかったり、無駄に長い文章になります。



正直、ラブレターなので長くてもわかりづらくても、書いてくれたことが相手にとっては嬉しいです。



しかし、やっぱり書くなら書くで、しっかり内容を伝えたいではありませんか?



そんな時は、書く内容をまとめてから書き始めましょう。



相手を思いやり気持ちをさりげなく伝えるカップルは別れない




手紙のいいところなのか、悪いところなのか分かりませんが、文字だけが先走って、書き手と読み手の認識の違いを生むことがあります。



例えば「好き好き大好き!!」と書いただけなのに、相手から「重たい女だな…。」なんて思われたら嫌ですよね。



さらに、手紙なので一生それが残ってしまいます。



だから気持ちを伝える時は、さりげないくらいがちょうどいいです。



手紙の最後に、「次また会える日を心より楽しみにしています」がベストです。



おすすめ文例紹介!丁寧に心を込めて書くと喜んでもらえる




おすすめしたい文例は、前半にどうでもいい日常を書くことです。



会えない時に何をしているかや何を想っているか、まるで隣にいる相手に話しかけているような内容がいいでしょう。



中間は、相手が居ないことで起きた変化について書くといいです。



特に心境の変化を伝えると、相手は「俺がいないとこんなに寂しい想いをさせてしまうんだ」と感じさせることできます。



この内容はテクニックが必要なので、次の節でご紹介します。



そして後半は、次に会えることの嬉しさを書くといいです。



中間に会えないことの辛さを書いたからこそ、次に会える希望がどれだけ自分を前向きにしてくれるかを伝えることがポイントです。



すこし難しい方は、終始ふざけていても大丈夫です。



なにせ相手は、あなたが手紙を書いてくれていること自体が嬉しいのですから。



会えない時の心情を伝えると長続きする




それでは、先ほどご紹介しきれなかった会えない時の心情を伝えるテクニックをご紹介します。



テクニックは、「当たり前が当たり前でなくなったからこそ、相手への感謝を感じる心境」をうまく伝えることです。



おすすめの文例をお伝えします。



「最近になって遠距離恋愛にも慣れてきたんだけど、最初の頃は正直辛かったよ。



当たり前に会えていた○○君がそば居ないことで、心のバランスが取れなくなった気がしたんだ。



その時に、○○君に今まで以上の感謝の気持ちを持てたというか、離れたからこそ大事さに気づけたと思うよ。



そうやって毎日○○君のことを考えています。」



このような雰囲気です。



伝えた内容は、「心境の変化」と「感謝の気持ち」と「離れていてもあなたを想っていることを再度自覚したこと」です。



このポイントを押さえて書くことができれば、相手も喜んでくれて、離れていても相手を想い合う気持ちを保つことができます。



その結果、長続きするカップルも多いです。



読み返した時に日付があると便利




手紙を書く際のポイントとしては、日付けを書いておくと後々便利です。



日付を書いておくことよって、将来二人でその手紙を読んだ時に、「遠距離恋愛中に書いた手紙」と特定できるからです。



遠距離恋愛中でも、お互いの気持ちが離れないように試行錯誤できたことは愛情の深さに直結するものです。



遠距離恋愛中だからこそ書けた素直な気持ちを大切にするためにも日付は重要です。



手紙を渡すタイミングは、お見送りの時がベスト




最後は、手紙を渡すタイミングです。



結論からお伝えすると、別れ際がベストです。



なぜなら恥ずかしいからです。



私も、半年間の遠距離恋愛を経験しましたが、早く読んでもらいたくて、デートの序盤に渡してしまったことがありました。



その時は、だいぶ重たい内容を書いてしまったので、非常に恥ずかしかったです。



だから経験者からのおすすめとしては、「お家帰って一人になったら読んでね」くらいがベストですよ。



遠距離恋愛中の手紙に書いてはいけないこと




手紙書き方注意点4選


これからは逆に書いてはいけないことをお伝えします。



手紙は捨てない限り一生残るものなので、取り扱いに注意が必要な場合もあります。



注意書き程度に確認してみてください。



何度も言いますが、相手はあなたが時間をかけて書いてくれたことが嬉しいのです。



だから手紙の書き方に間違えはないので、大丈夫ですよ。



自分本位の文章になってしまうため、寂しい時に書かない




寂しい時は要求が多くなりがちです。



「毎日電話して欲しい」とか「もっと合う回数を増やしてほしい」とかを書くことで、相手に負担をかけてしまうことがあります。



そうなると、せっかく手間暇かけて書いた手紙が逆効果になる場合があります。



いい効果を出すためにも、相手のためを想える手紙を意識しましょう。



手紙の返事を要求しない




何事もそうですが、自分の頑張りに対する見返りを求めないほうがいいです。



今回の場合は、手紙の返事を要求することです。



あくまでも自分が書きたいから書いたの方がいいので、相手に返事を要求することはやめましょう。



書いた手紙は要確認!読み返すと恥ずかしい内容だったりする




手紙を書いた後は、最終確認が必要です。



大事な部分で誤字脱字をしていたら台無しです。



誤字脱字チェックと、内容のチェックをしましょう!



手紙の内容や頻度を考えて送ること!重過ぎる内容はNG




手紙の希少価値を高めるため必要な工夫は、頻度を抑えることです。



毎日毎日手紙を書いて送っていたら、相手も手紙の重要性を感じることができなくなってしまいます。



そうならないためにも、送る頻度を考えて送るように工夫してみてください。



さらに、手紙の内容にも注意が必要です。



私も遠距離恋愛中に手紙を書いたことがあるのですが、「全米が泣くほどあなたに会いたくて毎日泣いてる」とか「忙しいって会ってくれなかった日が1週間立ち直れなかった」など書きまくりました。



個人的に性格が大げさなところがあるので、このようなことをしてしまったのですが、非常に反省しています。



脅し文句を書いても、相手を困らせるだけです。



相手を愛してる気持ちを素直に表現できるように心がけましょう。



遠距離恋愛中は手紙で愛を育むとラブラブな関係が長続きする




遠距離恋愛手紙まとめ


今回は、遠距離恋愛中に手紙を書くことの重要性をご紹介しました。



手紙は自分の感情を伝える手段に適しています。



恥ずかしいことも書いてしまうかもしれません。



しかし、それも遠距離恋愛中だからこそ出来る思い出と考えてみましょう。



長い期間一緒にいれば、面白いこともあれば、寂しいこともあります。



それを一緒に乗り越えるためには、素直な気持ちを伝えることが重要です。



その素直な気持ちをいつものLINEではなく、手紙で伝えてみください。



あなたが思っている以上に愛は育まれ、そばにいた時以上にラブラブな関係になることができますよ!



応援しています!頑張ってください!