復縁 したい のか わからない の画像


こんにちは、恋愛・婚活アドバイザーのさちこです。



自分のことなのに、復縁したいのかわからなくなってしまう、そんなことはありませんか?



元カレへの気持ちが揺らいだり、復縁することが正解なのかどうかわからなくなったりする。



そういう悩みを抱える女性は少なくありません。



そんな今だからこそ、自分の気持ちに向き合う必要があるのです。



今回は、復縁したいのかわからなくなってしまったあなたが、自分の本音を整理するためのお手伝いをしていきます。



復縁したいのかわからなくなるのはなぜ?




復縁 したい のか わからない の画像


復縁したいのかわからないと感じるとき、あなたの中には迷いが生じています。



なぜ復縁したいかわからなくなったのでしょう。



別れた元カレと復縁したくて、いろいろ手を尽くしてきたけれど叶わず、本当に復縁したいかどうかわからなくなってしまったのでしょうか。



それとも、周囲から復縁なんてやめたほうがいい、とアドバイスされたからでしょうか。



いずれにしても、あなたは今、とても大切なことに気がついているのだと私は断言します。



あなたが本当はどうしたいのか、自分の気持ちが本心なのか、立ち止まって考える時がきたのでしょう。



自分の気持ちを整理し、自分の内部を見つめ、本音を探り出す



今まで考えもしなかったからこそ混乱し、迷い、わからなくなっているのです。



でも、それは普通のことですよ。



誰もが、いつも自分の気持ちを整理することを意識しているわけではないし、これは私の本音なの?なんていちいち迷っていたら、生きづらくなってしまいます。



今こそ、その気持ちを整理し、迷いにケリをつける時です。



自分の本音を整理し、あなたのこれからについて考えてみましょう。



復縁したい気持ちは本音なのか整理するための6項目




復縁 したい のか わからない の画像


復縁したいかわからなくなったときは、まず自分の気持ちを整理するところから始めましょう。



そのための6項目を挙げていきますので、あなたに当てはまるものがあるかどうか確認してみてください。



 

彼のことが本当に好き?それとも執着してるだけ?




かつて復縁したいと思っていたのは、元カレを本当に好きだったからでしょうか?



当たり前でしょ、好きだったからに決まってるじゃない。



あなたはこう思うかもしれません。



でも、好きという気持ちは本当に厄介なもの。



その好きの中には執着心が含まれていることもあるのです。



すでに愛という感情は薄れ、強い執着心から復縁したいと思っていただけかもしれません。


  • これだけ復縁のために手を尽くしてきたのだから、今更後には引けない



  • 仕事や収入、地位、容姿などにおいて、元カレ以上の人はほかに見つかりそうもない



  • 離れていることが耐え難く、元カレがどこで何をしているか、常に気になる



  • 復縁したいのは自分のためで、元カレの気持ちは二の次



  • 2人の思い出が過去にならない



  • このような気持ちはすべて執着心からくるものです。



    今、あなたはこれを読んでみて、そうでもないな、と感じているのではありませんか?



    好きという気持ちと執着心を混同してきたけれど、それも薄れてきた



    だから復縁したいかどうかわからなくなっているのです。



    反対に、これを見てその通り!と思ったなら、まだまだ元カレへの執着心が強いようですね。



    もし、寂しさから復縁を考えているようでしたら、こちらの記事も併せてチェックしてみて下さい。

    寂しいから彼氏が欲しいは間違い!恋愛に依存しない女性になろう!




    彼でなければダメな理由はいくつある?




    元カレの良いところ、悪いところを挙げてみてください。



    そのなかに、元カレでなければダメな理由はいくつあるでしょうか。



    復縁に迷いが生じている今、以前よりも元カレにこだわる理由が少なくなくなってきているのではありませんか?



    前は絶対に元カレでなければダメだと思っていたのに、今はそうでもない。



    元カレじゃなければダメな理由がよくわからない



    そう思えるなら、あなたは執着心から解放され、元カレとは別の道を歩む気持ちになっているということです。



    逆に元カレでなければダメな理由がいくつもあるなら、迷いはあるものの、本当は復縁したいという気持ちのほうが強いのでしょう。



    元カレとの思い出を美化してはいない?




    過去というものは、都合よく美化されるものです。



    元カレと一緒にいて嫌だったことよりも、素敵な思い出のほうが多いのではありませんか?



    本当は、傷つくようなことを言われたこともあったし、悲しい思いやさみしい思いもそれなりにしてきたはずです。



    でも、強く印象に残っているのは、キラキラした素敵な思い出ばかり



    あのときの彼は素敵だった。



    またあのときのような2人に戻りたい。



    そんなふうに思うのは、繰り返し何度も思い返すたびに、過去の美しいイメージが強化されてきた結果なのです。



    つまり、綺麗な思い出は、より美しく綺麗な思い出として上書きされていくのです。



    それでもあの頃に戻りたいと思うなら、まだ復縁したい気持ちのほうが強いのでしょう。



    でも、あなたが素敵な思い出はもう過去の出来事なのだ、と割り切れているのなら、もう復縁する必要はありません



     

    自分が我慢することが多かったのでは?




    元カレの態度が我慢できなかったことや、性格の不一致、意見の相違などはありませんでしたか。



    もちろん、そういったことがあるのは当たり前なのですが、問題なのは、彼がいつも自分の主張を押し通してはいなかったか、ということです。



    喧嘩になれば、いつもあなたが折れる



    彼のほうが悪くても、別れたくないからあなたが我慢する



    別れるまでは、それでうまくいっていたのかもしれません。



    でも、それはあなたが自分を押し殺していたからで、本当はいびつな関係だったのです。



    我慢することや、自分を抑えてでも一緒にいたいと思う気持ちは、純粋な愛ではありません。



    自己犠牲であり、嫌な言い方をすれば隷属です。



    自分だけが我慢してうまくいっていたとしても、それでは復縁しても同じことの繰り返し。



    あなたはそのことに気付いたのではありませんか。



    だから復縁したいかわからなくなっているのです。



     

    世間体を気にしてるってことはない?




    復縁したい理由は、周りの目や世間体を気にしてのことだったのではありませんか。



    友達はみんな彼氏がいるのに、自分だけ彼氏がいないと格好悪いな。



    でもすぐに新しい彼氏なんてできないから、元カレと復縁しよう。
     


    あんないい人いないよ、なんで別れちゃったの、復縁しなよ!などと周りからそそのかされてその気になってしまった。



    周りから素敵な彼氏がいるって羨ましがられたい。



    だって、元カレほど仕事もできて収入も多くイケメンな男なんていないもの。



    など…。



    しかし、どれもあなたの人生にとってそれほど重要なことではありません。



    世間体ばかりを気にしていると、自分を見失ってしまうことにあなたは気がついた



    だからこそ、復縁したいかわからなくなっているのです。



    世間体など気にせず、あなたらしい恋愛をして欲しいと私は思います。



     

    復縁して本当にやり直せるの?




    復縁をするときにもっとも重要なことは、復縁して幸せになれるかどうかです。



    元カレとあなたはうまくいかなかったから別れたのであって、復縁してもそれは同じことかもしれません。



    お互いに何も変わらなければ、同じ理由でまた別れることになるでしょう。



    復縁して本当にやり直せるのだろうか、と考えることができるなら、あなたは今2人の関係を冷静に判断できる状態です。



    別れた理由を冷静に分析して、やり直すのは無理だと判断したなら復縁するべきではありません。



    例えば、あなたのある嫌な面に元カレが耐えられず、別れたとしましょう。



    でも、世の中にはいろんな人がいるんですよ。



    元カレにとっては嫌だったかもしれないけれど、ほかの誰かにとってはそれをあなたの魅力だと感じるかもしれないでしょう?



    仮に、あなたの、ずぼらで抜けているところが嫌だといわれたとします。



    でも、あなたのずぼらで抜けているところをおおらかで細かいことを気にしない人、と好意的に評価する男性だっているはずなんです。



    無理して相手に合わせるよりも、自分にとって自然体でいられる恋愛の方が上手くいきます。



    元カレのことを一緒にいてリラックスできる人だと思えないなら、復縁しても良い関係を築き直すことは難しいでしょう。



    復縁を心から願っているなら信じた道を進むべき




    ここまで読んできて、それでも元カレが好きだ、と再認識したなら信じた道を進んでください。



    あなたの愛がただの執着ではなく、世間体を気にしてのことでもなく、彼との関係に我慢も無理もしていないというなら、迷う必要はありません



    私はあなたに復縁をあきらめて欲しいわけではありません。



    復縁に迷いがあるなら、その気持ちと向き合って欲しいのです。



    ですから、この記事を読んで復縁したい気持ちが本物だと思えたなら、その気持ちに従うべきだと考えています。



    こちらの記事では復縁のきっかけ作りについてアドバイスしています。



    復縁に向けての気持ちが固まったときに、参考にしてみてくださいね。



    元カレと復縁するきっかけの作り方!成功の確率を上げる方法7選



    復縁に迷いがあるなら後戻りはしないで




    ここまで読んでみて、復縁しなくてもいいのかも、と思ったあなたはもう終わった恋だと割り切れたのでしょう。



    今さら後戻りする必要はありません。



    復縁したいかわからない気持ちに変化がない、という場合は、復縁の先に幸せな未来を描けるかどうかを想像してみてください。



    冷静なときこそ、女性の直感は働きます。



    もし、幸せな未来が想像できないなら、新しい恋を探すことをおすすめします。



    いつまでも復縁に縛られていると、あなたの大切な時間が失われてしまいますよ。



    恋愛はやり直しができても、失った時間は取り戻せないことを忘れないでくださいね。