不倫しやすい女


結婚相手となる女性を探しているあなた、「不倫しやすい女なんているの?」と思っているかもしれません。



結論からいうと、「不倫しやすい女」はいます。



しかし男性から見る女性と、女性から見る女性はいつだって少し違うもの。



今回は女性視点からみる「不倫しやすい女の特徴」とともに、女性が結婚後に不倫したくなる瞬間、そして不倫しない女の特徴もあわせてお話していきます!



不倫しやすい女の特徴5選【女性視点】




まずは女性視点から見る「不倫しやすい女の特徴」です。



「こういう女性は不倫する」ではなく「不倫する女性に多い傾向」として読んでくださいね。



①ロマンチスト




不倫願望のある女性は、ロマンチストです。



「許されない恋」をしている自分と、「奥さんがいてもなお愛される自分」に酔っています。



たとえばあなたも、ドラマや映画を見てそんな不倫の恋にロマンを感じたことはありませんか?



常識的な感覚や理性の働く女性であれば、ドラマと現実はしっかり分けて考えることが出来るでしょう。



しかしもし生活に疲れている女性がそんなドラマを見て、そのタイミングで理想の男性と出会ってしまったら・・・。



もともとロマンチストな女性であるほど、流されやすくなるのは納得ですよね。



また、「どうしても好きな人ができてしまった」という女性もいれば、「ゲーム感覚での不倫」を楽しむ女性もいます。



後者の場合には、ハードルが高く障害が多い恋ほど燃えやすい傾向が強いです。



②オープン




「不倫しやすい」ということは、ある意味ではそれだけ男女の関係になるチャンスを多く活かせる女性です。



男性とふたりきりになることに抵抗がないのはもちろんのこと、男性のふところに入り込んでいくテクニック(天然の場合も!)に長けています。



不倫しやすい女性は総じて惚れっぽい部分を持っていますが、その感情も相手が既婚者だろうが関係なくぶつけていくオープンさを持ち合わせています。



男性としても、女性(しかも人妻!)から好きだと言われて悪い気になることはありません。



不倫しやすい女性はその隙を逃さずチャンスに変えるのです。



③雰囲気に流される




不倫しやすい女性の理性はそれほど強くありません。



しかしこれは「自分の軸を持っていない」のとは少し違います。



仕事や友人関係ではしっかりしていても、男女関係になるとふらふらと流されてしまう女性は意外とたくさんいるもの!



そういう女性にとっては、声をかけられていい雰囲気になったら一夜のあやまちくらいなんでもないのです。



無論、遊びの関係で終わる女性がほとんどで、男性の方から声をかけて不倫がスタートすることが少なくないタイプです。



また、相手の男性も貞操観念がゆるく、たくさんの女性と遊びたいパターンが多いもの。



私が浮気癖のある男性と付き合ったときにも感じたことですが、こういう女性が相手なら、奥さんが気に病むだけ損かもしれません。



④モテる




これは男性の立場になってみれば想像しやすいことですが、わざわざ不倫相手に生活に疲れた髪もメイクもボロボロな人は選びませんよね?



浮気や不倫をされた奥さんの立場からすれば相手の女性に怒りのほこさきが向くとは思いますが、なにも「不倫しやすい女性」だけがキッカケを作っているのではありません!



好みの女性には手あたり次第声をかける男性も多くいます。



そしてそういう男性に声をかけられやすいのは普段からモテる女性です(若い場合)。



女としてツヤがあって、さらにちょっと隙を感じさせるタイプ。



そう、今あなたの頭に浮かんだような女性ですよ!



⑤ルーズ




不倫しやすい女性というのはどこかしたルーズな部分を持っています。



私の周りにいた「この子また不倫してる・・・」という女性は、一見しっかりしてそうでもバッグの中身や部屋がぐちゃぐちゃというパターンが多くあります。



さらに、言い訳上手でなにかあってもその場をくぐり抜けるのが得意な部分も。



もちろん、見た目からしてルーズな女性もいますが、必ずしも見た目だけで判断は出来ないということです!



もしあなたの周りに「この子ヤバそうかも」と思う女性がいたら、ご主人には近づけないのがベターでしょう。



不倫しない女の特徴も気になる!




もちろん、不倫しない保証などどこにもありません。



大切なのは本人にその隙がないかどうか!



女友達が多い




女性のなかには不倫に対して潔癖で、ぜったいに許さない、という人もいます。



そういった女性は「不倫している人」との付き合いを絶ちます。



実際、私の周りでも不倫していることを友人に告白して、絶縁された子がいます。



女友達の多い女性なら、そういった点でブレーキがかかりやすいんです。



たとえば少し揺らいだとしても、友達がストップをかけてくれます。



(熱が上がってしまって周りが見えなくなる場合もありますが・・・)



また、普段から女性同士の話題に「不倫・浮気」のトピックは上がりやすいので、頭の片隅にでも「不倫はダメ」という言葉が常にある状態。



逆に女友達が少ない女性でもともと不倫しやすい傾向にある人は、自分の不倫に対する善悪のジャッジをされる心配もないので、



不倫を続けても良心の呵責が少なく済んでしまいます。



女性が不倫したくなるのはどんなとき?




不倫


「不倫しやすい女性」ではなくても、結婚後に女性が不倫したくなるのはどんなタイミングなのか?



男性としてもこの部分を理解していれば、奥さんが不倫に走る前にくいとめることが出来るでしょう。



男性からお姫さま扱いされたい




「刺激が欲しい」など、なんとか乗り越えられるものです。



もっともっと女心を掘り下げると、「お姫さま扱いされたい」が根本にあるんです!



男性とちがい、「心」を埋めたいときに不倫願望が生まれるのが女性。



大きなくくりでは「さみしいとき」と言われますが、ではもっと具体的にどんな生活で女性はさみしさを感じるのか。



それは女として扱われなくなったと感じるときです。



ただ「女性として」ではなく、「惚れた女として」扱われていたいんです。



そんな寂しさを感じているタイミングで、自分を「惚れた女として」お姫さまのようにチヤホヤ接してくれる男性が現れたら、心が満たされることに不思議はありませんよね。



私はパートナーと暮らしはじめて5年以上になりますが、いまでも彼は私を世界一愛してると言い、他の女性としっかり差をつけて付き合ってくれています。



生活自体は所帯じみている方だと思いますが、一緒に暮らしている男性が「惚れた女として」接してくれるので、不倫願望が生まれるような寂しさはまったくありません。



あなたがもしこれから結婚をするのなら、奥さんにそんな寂しい思いはさせないでくださいね。



女はみんな「かまってちゃん」




不倫したい女性


いろんなタイプの不倫しやすい女性がいますが、不倫願望を持っている女性は基本的にかまってちゃんです。



かまってくれる人が好きだから、そのとき寂しさを埋められるから、不倫に走るのです。



そして実は女性の多くがそんな「かまってちゃん」だらけです。



つまり、不倫しやすい女に当てはまらなくても、誰でも不倫に走ってしまう隙は持ち合わせているんです。



理性や常識、充実した生活など不倫に走らないポイントももちろんありますが、いちばん強くかかるブレーキは「パートナーがちゃんと愛してくれている」です!