不倫したい


あなたには「気になる既婚男性」がいるでしょうか?



もしいるなら、「男性が不倫したいと思う女の条件」が気になるところですよね。



ここでは不倫そのものを良い悪いと判断はせず、「既婚男性が不倫したい女の条件」を掘り下げていきます。



さらに、「既婚男性を上手に誘うテクニック」についてもご紹介!



最後に番外編として女性視点の「不倫相手として理想の男性」もピックアップしていくので、モテたい男性もぜひ最後までチェックしてくださいね。



不倫したい女の条件~既婚男性視点~




まずは既婚男性視点での「不倫したい女の条件」から。



夜のお仕事が長かった私が、男性が家庭外の女性に求める条件はコレ!と覚えたことをベースにお伝えしていきます。



不倫じゃなくても、意識すればより多くの男性にモテるようになる条件です!



非日常!とびっきりのイイ女




不倫に走りやすい男性が欲しているのは「非日常」です。



男性にとって生活感にあふれる女性は奥さんで十分なのです。



高いリスクを負ってまで、奥さんと似たような女性と不倫する男性はいません。



どうせならとびっきりのイイ女と不倫、が男性の本音。



このタイプの男性は、本人も「イイ男風」なことが多いです。



では、実際にどのようにしてそんな女に近づけるのか?



身だしなみをキレイにする、のは大前提ですのでここでは言及しません。



そして「料理をしない」でもなければ、「ネイルにこだわる」でもありません。



生活感を出さないポイントは、「ミステリアス」です。



聞かれないかぎりは自分のことを話さない、そして極端にいえば「どんな生活をしているのか謎」くらいのイメージを目指すと生活感がうすれていきます。



私がつとめていた店ではこの「非日常感」を重要視していて、「たまった洗濯物の話」や「家事が楽になるライフハック」の話題はNGでした。



やさしくて癒しくれる女




つぎに男性が家庭外の女性に求めるのは「やさしさ」や「癒し」です。



意外と結婚数年目くらいの男性が求めることが多いのがポイント。



その理由は、子どもを持つタイミングとなる夫婦が多いからです。



それまでの生活から一変して、奥さんが子ども中心に動くようになり、自分が二の次にされる・自宅に帰っても落ち着かない、という家庭環境に。



もちろん言うまでもなくこのタイミングで不倫をするのはかなりのハイリスク



誘っても簡単にはなびかない男性のほうが多いでしょう。



しかし元々の「浮気したい」という気持ちと、家庭という現実から離れた場所で出会ったやさしい女性の「癒し」が重なれば、落ちやすくはなります。



このタイプの男性は見た目では不倫などしないような、一見誠実そうにも見えます。



「うんうん」と話を遮らず、黙って聞いてあげるのが懐に入り込むコツです。



口が堅くて都合がいい




どんな女性のタイプでも「既婚男性が不倫相手として選ぶ」共通ポイントは「口が堅い」と「都合がいい」です。



もちろん、男性のほうから先に熱を上げる場合、必ずしもこのポイントには当てはまりません。



(世の中にはみずから女性に振り回されるのが好きな男性もいます)



しかし「あえて不倫するなら」という前提で見たとき、この2つのポイントは既婚男性にとっては超重要!



不倫がバレるのは女性にとってもマイナスです。



しかし不倫する男性は、「もし彼女が自分に本気になったらどうしよう」と思っています。



そうなったときの女性の怖さを本能的に感じているのかもしれません。



そして「都合がいい」は、まさに言葉通り。



「オレの会いたいときには絶対会って欲しいけど、それ以外は連絡もしないでほしい」が本音です。



「口が堅い女性になる」のは、あなたにとってもプラスとなります。



しかし「都合のいい女」はなんのプラスにもならないどころかマイナスです。



たとえ不倫であっても、あなた自身が自分の価値を下げる付き合いはしないでくださいね。



既婚男性を上手に誘う3つのテクニック




既婚者を誘うテク


では、ここからはシチュエーション別に「既婚男性を上手に誘う3つのテクニック」をご紹介していきます。



①お酒の場




ありがちですが、やはりお酒は強い味方となる存在です。



「ふたりきりで」にこだわるよりも、「楽しそうに」「よく話を聞く」に集中するのがコツ!



数人でも大人数でも、男性の話は最後までさえぎらず否定せずに聞くこと。



そして絶対にしてはいけないのは「上から目線」です。



一般的に男性は自分のほうが物知りでありたいもの。



もし彼に不倫願望があるならなおさら、上から目線の偉そうな女は好みません。



たとえあなたが知っていることでも「すごいですね」と言ってみる。



そんな心の余裕をもって話を聞くことで、特別媚びずとも既婚男性にとっては癒しの存在となり、誘いやすくなります。



もちろん、さりげないボディタッチなどはお約束!



相手があなたをじっと見つめてくるなら、気に入られているサイン。



思い切って「このあとちょっとだけ飲みなおしませんか?」と誘ってみてくださいね。



②残業




あなたと彼が同じ職場なら、残業をチャンスに変えることが出来ます。



たくさんの人が残っている社内ではあまり意味がありませんが、2人か3人程度になれるなら距離を近づけるチャンスです。



髪をほどいてみたりなど「オフ」のあなたを見せてみましょう。



昼間のシャキッとした姿とは違う一面に彼もドキドキするはずです。



そして仕事を進めながら、日中にはちょっと話せないようなオフレコ話をするのがポイント。



残業の社内独特の暗さと静けさと相まって、あなたと彼の間でなにか秘密を共有しているような感覚になれます。



その流れで、「今度飲みにでも行きたいですね」とちょっとだけ押してみます。



ここでのポイントはあなたが「今からどうですか?」というのではなく、彼のほうから「じゃあこの後ちょっと行く?」という言葉を引き出すことです!



③喫煙所




あなたがタバコを吸う女性なら、喫煙所も男性との距離を縮める空間になります。



「残業」や「お酒の場」と比べると少し時間はかかりますが、毎日そこで会うこと・オフの顔で会うことが出来るのが喫煙所。



実際、私もタバコを吸っていたころには喫煙所で会うことが多い男性と徐々に近づき、付き合うに至った経験があります。



いつもは疲れた顔を見せないあなたでも、喫煙所での「疲れたね」の会話には「少し疲れちゃいました」と甘えるように乗ってみてくださいね。



ただし、喫煙所から急に恋人にステップアップする可能性はそこまで高くはありません。



あくまでも「距離を縮める場」として活用して、その後にお酒や食事に誘ってみるのを忘れずに!



不倫したがる女性が選ぶ理想の相手とは【番外編】




ここからは不倫願望を持つ女性視点で見る「理想の不倫相手」です。



まだまだモテたい既婚男性のあなたも、要チェック!



リッチな男性




「好きになった男性が既婚者だった」なら、お金はあまり関係ないでしょう。



しかしそもそも不倫願望を持つ女性なら、あえてお金のない男性とリスクの高い不倫をしようなんて思いません。



ただこの場合、実際の年収うんぬんよりも「ケチじゃないこと」が重要。



不倫関係の場合、お泊りは独身女性の家かホテルになります。



毎回自分の家ではムードもなく、いいように利用されてるミジメな気持ちになってしまうのです。



数回に一度くらいはホテルに泊まり、宿泊費を持つくらいのリッチさは持っておくのがベスト!



そして「なにかを買ってもらう」にトキメクのは20代前半までです。



大人になった独身女性は欲しいものは自分で買えるくらいのお金は稼いでいるので、そういった時間や空間にどれだけお金をかけてくれるかのほうが重要になります。



見た目が好みの男性




不倫願望のある男性と同様に、女性も現実的な男とあえて不倫など望んでいません。



年上好きなアラサー女性の場合、好みの男性がことごとく既婚者ということも・・・。



いわゆる「枯れ専」と呼ばれるオジサマ好きな女性も多くいます。



モテたい既婚男性からすれば「結局顔か!」となってしまいそうですが、厳密には「顔」では無いんです。



「スキー場で見る男性は3割増」なんて言われるように、いかに「その場の雰囲気」を活用できるかです。



ムードの良いお店でスマートにふるまえる男性は、3割も4割も増してかっこよく見えます。



しかし、私の経験ですが、そんな出会い方をした男性と昼間の明るい空間で会ってみると「あれ?こんなんだったかな?」と魔法が解けることも。



どうやって魔法を解かさずに付き合い続けることが出来るかが重要なポイントですよ!



不倫したいほどの女を目指そう!




不倫したい女条件


「不倫したい女」を目指すのも、「不倫願望のある女」でいるのも、自由です。



しかし、「不倫相手でちょうどいい女」ではダメ!



どうせなら、「不倫してでも落としたいほどイイ女」を目指していきたいですよね。



世の年上彼氏たちが求める女性像を知りたいあなたはこちらもチェックしてみてくださいね。



恋愛運を上げる方法!意中の男性をゲットするためのメソッド6選