彼女 写真 欲しいの画像


皆さんは今までに、彼氏から「写メでもプリクラでも構わないから写真をちょうだい!」と言われたことはありませんか?



恐らくほとんどの女性がそのような経験をしたことがあるかと思いますし、私自身もお付き合いをしている男性からよく写真を要求されます。



しかしその度に「実際に会うなら写真は必要ないのでは?」とか、「悪用されないかな?」と、彼氏が自分の写真を欲しがる真意が見抜けず不安に感じている女性も多いかと思います。



そこで今回は、男性が彼女の写真を欲しいと思う心理から気になる写真の使い方まで徹底解説します!







彼女の写真が欲しい男性の心理をご紹介




写真を要求する心理


まずご紹介するのは、彼女の写真が欲しい男性の心理。



携帯でやり取りする写真となるとネット上で悪用される可能性もゼロではないので、彼氏を疑うつもりはなくても少し心配してしまいますよね。



そこで写真を要求される度に不安な気持ちを抱いてしまう女性の皆さんは、ここで彼女の写真を欲しがる男性の気になる心理をチェックしてみましょう!



彼女の写真が欲しい心理①彼女の顔を鮮明に思い浮かべたい




彼女の写真が欲しい心理の一つ目は、「彼女の顔をより一層鮮明に思い浮かべたい」というもの。



自分の記憶の中にあるイメージだけでは曖昧で、彼女の顔を思い浮かべるのに物足りなく感じてしまうんです。



人間の記憶というものは案外あやふやで、会った直後であっても洋服や髪型、その他細かい部分を鮮明に思い出せないということもあります。



そんな性質があるからこそ「写真」を見ることによって、頭の中ではなんとなく雰囲気で思い浮かべていた部分まで鮮明に思い返すことができるので、男性は彼女の写真を欲しがるんです。



■亜衣さん(接客業/33才)の体験談

彼女の写真が欲しい体験談1
亜衣さんが送った時の実際の食事画像



カナダにワーキングホリデーに行っていた時にカナディアンの彼氏が出来て、帰国後によくパソコンでメールのやりとりをしていました。



時差の関係でなかなか電話も出来ずにいたときに彼から最近笑顔を見てないから写真を送ってちょうだい、そうしたらいつも持ち歩けて離れていても少しは気持ちが落ち着くと言われました。



言われて嬉しくなり、すぐにご飯を食べにいった時の家族との写真と神社に行って彼に送る用に写真を撮り送りました。





彼女の写真が欲しい心理②落ち込んでいる時に眺めたい




彼女の写真が欲しい心理の二つ目は、「自分自身が落ち込んでいる時に眺めたい」というもの。



例えば仕事で失敗をして落ち込んでいたり人間関係でうまくいってなかったりなど、気分をリフレッシュしたい時や元気を出したい時に、大切な彼女の顔を見たくなるんです。



しかしそのようなシチュエーションに直面した時に、必ずしも彼女と直接会えるとは限りません。



そこで事前に渡していた写真が役に立ち、たとえ2人が会えない時でも写真で彼女の顔を見て元気付けられているのですね。



■咲子さん(OL/26才)の体験談

彼女の写真が欲しい体験談2
咲子さんが実際に写真を撮るときに使用したもの



付き合って4年目の彼から唐突に「写真を頂戴」と言われたことがありました。



何故かと訊くと、写真が好きじゃないのは知っているけど、最近仕事が忙しくてなかなか会えないから一枚くらい欲しくなったとの事。



私が以前、付き合う前に写真を撮られるのが苦手と言っていたのを憶えていてくれていたようでした。



普段からあまり欲しいものを言わない彼からのお願いに、写真が苦手ではあるものの「自分で撮ったものでよければいいよ」と返しました。



返事を送った後、慌てて洗面台に駆け込み髪の毛を整えリップを塗り、笑顔の練習をしました。



どうせ写すなら彼にたくさん見てもらえるような写真を撮りたいと思ったからです。



そうして撮った写真を送ったところありがとう、というお礼とわずかな雑談で終わりましたが、後日彼に会った時に「写真、ありがとう。支えになった」とはにかみながら言われました。



今まで写真は苦手と言って避けていましたがそうやって言ってもらえたことが嬉しく、それからは時折彼と一緒に写真を撮るようにしています。





■幹恵さん(事務職/28才)の体験談

彼女の写真が欲しい体験談3
幹恵さんの当時の心理状況を本人がスケッチしたもの



付き合い始めてから、いつものようにLINEでやり取りをしていると、唐突に写真頂戴と言われた。



遠距離でもなく週に1.2度は会う程度で、割とマメに連絡を取ったりしている方だったと思う。



どんな写真がいいの?というと、私の笑ってる写真で私だけ写っているものが2枚欲しいとの指定。



なんで?と聞くと、会えない時にも癒されたいもーん。とのこと。



彼は自分から私の写真を撮ったりするタイプじゃないし、デートの後もまた写真撮り忘れた!!!



と以前から悔しそうにしていたのが可愛かった。



変な写真を求められているわけじゃないからいいかと思い、友達が私の携帯で、私を隠し撮りした写真がそのまま入っていたので適当にそれを2枚送る。



次に会った時に待ち受け画面に私の顔。みてー?かわいいとニヤニヤ。恥ずかしい!



その時にはもう一枚写真を送ったことすら忘れていたが、しばらく経ってからのデート中に私が携帯を紛失。



見当たらなくて見つけるために私の携帯に電話をかけてもらったら、発信画面がもう一枚の写真だった。



写真、もう一枚そこに設定したの?と聞いたら。うんととびきりの笑顔の後、お気に入り!とまたニコニコ。かわいいから許す。






女性必見!彼女の写真の使い道とは




彼女の写真の使い道


これまでにご紹介したように、男性が彼女の写真を欲しがる心理は「顔を鮮明に思い浮かべたい」ことや「写真を見て元気付けられたい」ということにありました。



男性にはそのような心理があるものの、実際にはこの他に写真の使い道があるんだとか。



私自身お付き合いをしている男性から使い道を聞いた時に「そうだったんだ!」と関心させられたので、女性の皆さんはきっと驚くはずです。



そこで次に、男性の彼女からもらった写真の気になる使い道をご紹介します。







彼女の写真の使い道①友人に彼女を自慢する




彼女の写真の使い道の一つ目は、「友人に彼女を自慢する(見せびらかす)」というものです。



私がお付き合いしている男性から実際に聞いたもので、自慢をするためとは言わなくとも友人から彼女について話題を振られた時に見せびらかすことができるように、写真を持っておきたいそうです。



例えば職場で恋愛の話になった時や飲みの席で彼女について聞かれた時など、自分の彼女がどんな人なのか興味を持たれた際には写真を持っていると便利ですよね。



■紗栄子さん(主婦/24才)の体験談

彼女の写真が欲しい体験談4
紗栄子さんの当時の心理状況を本人がスケッチしたもの



高校生の時の元カレから、私の盛れてるピンショットが欲しいと言われました。



当時私は彼にぞっこんで、私の写真を送って欲しい=待受にするのかな?と思いとても嬉しく思いました。



迷わず盛れている写真を探してすぐに送りました。



あとから聞いた話ですが、彼は友達に彼女見せてと言われた時用のために送って欲しいと頼んだそうです。



それならツーショットでもいいじゃないかと思いますが、きっと彼も見栄を張りたかったのでしょう。



盛れてる写真と限定されたことが、今は少し悲しいですね(笑)





彼女の写真の使い道②女性関係を避けるため




彼女の写真の使い道の二つ目は、「他の女性との関係を避けるため」というもの。



例えば彼女の写真を待受画像に設定しておけば、「俺には彼女がいる」ということを周りの女性に示すことができ、他の女性関係を避けることができます。



女性のが多い職場で働いている男性や、女性から好意を抱かれてつきまとわれたりしている男性に、よくある使い道だと言えます。



彼女の写真の使い道③夜の行為のお供に




彼女の写真の使い道の三つ目は、「夜の行為のお供にする」というものです。



やはり男性なので、大好きな彼女の写真を見て夜のオカズにしたいというのが本音なんですね。



そう聞くと女性としてはあまりいい顔はしないかもしれませんが、自分の写真で興奮をしてくれるということは、喜ばしいことだと考えて大目に見てあげましょう!



彼女の写真が欲しい!そんな彼氏の要求に応えよう




以上より、男性が彼女の写真を欲しいと口にする理由を一挙ご紹介しましたが、いかがでしたか?



今までに彼氏からそう言われたことのある女性の皆さんは、カレに対する不信感や疑問を払拭することができたのではないでしょうか。



あなた自身の写真を欲しがる彼氏は、実は「愛する彼女の顔を鮮明に思い浮かべたい」という心理や、「落ち込んでいる時に写真を見て元気付けられたい」という心理を持っていたんです。



これは彼女の皆さんにとっては、何よりも嬉しいことなのではないかと思います。



会えない時でも自分を必要としてくれている、自分の顔写真を見ると元気を出してくれる、そんな彼氏を愛おしく思うことができるはずです。



さらに写真の使い道としては、「友人に自慢をする」ためや「あなた以外の女性を避ける」ため、さらに「夜のオカズにする」ためなど、女性にとって驚きの方法がありました。



「悪用されそうだから写真を送るのは気が引ける…」と不安に思っていた女性も、その誤解を解くことができたはずです。



よって今後彼から写真を要求された際には、変な疑いをかけてためらうのではく、素直に写真を渡して問題ありません



特になかなか顔を会わせることができない遠距離恋愛をしているカップルであれば尚更ですよ。



ぜひ写真を通して、カップルでより良い関係を築き上げてくださいね。



最後になりますが、こんな体験談もありましたので、ご紹介。



■知恵さん(ライター/23才)の体験談

彼女の写真が欲しい体験談5
知恵さんの画像をぼかしたもの



写真を何に使うのか分からないし、ツーショットで撮った写真ならまだしも、私の自撮りならなんで必要なのか理由を聞いて、納得できる内容なら写真を送るが、必要な内容が納得できない内容なら送らない。



実際に何も考えないで彼に自撮りを送ったことがあるが、その自撮り写真を彼の友達数人に無断で送っていたことが分かり、それからは絶対に理由を教えられなければ写真を送ったり、送ることはしないということを決めました。



ネットやSNSが発達した世の中なので、彼と言えども個人的な写真をむやみに送るのは危険だと思います。




このような意見もありますので、しっかりと考えた上での行動が必要かと思いますね。