昔は中学生で彼氏や彼女がいるというと、「早っ!」と驚かれ、冷やかされたりしましたが、今では小学校でも彼氏・彼女を持つ時代。



中学生ともなれば、彼女が欲しいと思うのは自然なことかもしれません。



かわいい彼女を作り、楽しい中学生活を送れるように、今回は彼女の作り方とおすすめ告白場所をガイドいたします。







彼女が欲しい中学生男子の本音。本当に欲しいorいらない?




あなたのクラスメートや友達に、彼女がいるという人はいますか?



友達同士の会話で、どの子がかわいいとか、彼女欲しい!とかいう会話はしますか?



高校生くらいになると、男子もそれなりに成長し、女子との接し方も覚えてくるので、自然と彼女の話とかで盛り上がるのですが、中学生だとまだ、恥ずかしくてどの子がかわいくて、どうこうと男子同士で盛り上がることは少ないかもしれません。



じゃあそれは、女子に興味がないってこと?彼女欲しいと思ってないの?



いいえ。



中学生男子は、興味があっても、あからさまに口に出さないことが多いのです。



間違いなく、小学校の頃とは違い、女子を意識はしているのですが、どう接していいかわからなかったり、カッコつけてつい、「彼女いらねーし」なんて言ってしまいます。



でも本当は、気になる子がいたりするんですよね。



だからもし、あなたに好きな女子がいるのだとしたら、それは何の不思議もなく、自然なことなのです。



クラスメートの中には、いろんなタイプの男子がいますよね。



明らかに女子慣れをしていて、すでに彼女らしき女子が隣にいる男子や、男子同士ゲームの話で大盛り上がりで、女子と会話をする気がさらさらない男子など。



それでいいのです。



中学生は思春期真っ只中。



いろんな感情が入り乱れるお年頃になります。



素直にあの子が好きと言える男子。興味ないフリでカッコつけているけど、本当は彼女が欲しい男子。



または、まだまだ女子には全く興味がなく、男子と遊んでいたい男子。



それぞれみんな思いは違います。でも、どれも正解なのです。



彼女が欲しい中学生へ作り方を伝授!彼女をゲットするために実践すること




好きな女子がいるあなた。または、漠然とかわいい彼女が欲しいなぁと思っているあなた。どうやって彼女を作るかご存知ですか?



下手をして嫌われたくないしと、何も行動しないのでは彼女はできません。



どうしたら彼女が作れるか、その方法を伝授したいと思います。ぜひ参考になさってください。



積極的に女子と会話して、女子慣れしよう




普段女子とは会話をしていますか?



いいところを見せようとすると、つい会話にも力が入ってしまい、思ってないことを言ってしまったり、自分でも驚くぐらい、つまらない話題を振ってしまって、あとで後悔してしまったりしませんか?



まずは、女子と楽しく普通に会話できるように、女子慣れすることが大切です。



かっこいいことを言おうとせず、自然に会話できることを目標にしましょう。



特に女子は、面白い男子が大好きです。



無理に笑わせる必要はありませんが、例えば、話題のお笑い番組の話題や、自分が最近大笑いした出来事などがあれば、それを話題にして、積極的に女子に話しかけるようにしましょう。



好きな女子には優しくしよう


周りの男子の手前、女子に優しくするって、恥ずかしくてなかなかできなかったりしますよね。



でも女子は、優しい男子が大好きだということを、覚えておいてください。



女子に、「好きなタイプはどんな人?」と質問すると、必ずトップ3に入っているのが優しい男性です。



これはどの時代も、どの年齢にもいえることになります。



特に中学校の頃は、まだまだ女子に優しくできる男子は多くありません。



そんな中、自分にだけ優しくしてくれる男子が現れたら…当然女子は、キュンとなるでしょうし、意識しちゃいますよね。



かつて私が中学生だった頃、いつも私をからかってばかりの男子がいました。



私も言い返したりする、普通に仲がいいクラスメートでした。



ある日の放課後、私が先生に頼まれた片付けをしている時です。



「まだ終わんねぇの?本当鈍臭いよな〜」と言いながら、とっくに帰ったと思っていた男子が突然現れ、手伝ってくれたのです。



そんなことするようなタイプじゃないのに、一生懸命手伝ってくれる姿にドキドキしてしまいました。



当然それからは彼が気になりました。



私の場合は、付き合うことには発展しませんでしたが、あの時の淡い気持ちは今でもいい思い出ですし、その男子を本当にかっこいいと思えた瞬間でした。



LINE交換で一気に女子との距離を縮める




LINEを使っているのなら、使わない理由はないですよね。



本当にいい時代になりました。



ピンポイントで、1人の女子とLINE交換は勇気がいるかもしれません。



大勢のグループでLINE交換をして、とにかく気になる女子と会話をするきっかけを作りましょう。



最初はグループLINEから始めても、そのうち、その女子にだけLINEを送ったり、面と向かってなら言いづらいこともLINEのスタンプでなら言えることとかありますよね。



突然の1対1デートじゃなく、グループで遊んでみる




これもLINEの時と少し似ています。



最初から気になる女子に、「一緒に帰らない?」や「どっかに遊びに行かない?」と誘うのは、かなり勇気がいるし、言って断られたらショックですよね。



女子の方も、そういうことに慣れていないので、いきなり誘われても、どうしていいかわからず、困ってしまうかもしれません。



ではどうするか。



グループで集まればいいのです!



例えば、仲良し男子グループと女子グループとで、映画見に行こう!とか、カラオケ行こう!とか。



グループでなら、何の意識もせず楽しめますよね。



その中で、気になる女子とたくさん会話するようにし、少しずつ距離を縮めていき、2人で会うのは慣れてきた頃、改めてお誘いした方が成功率は高いです。







彼女が欲しい中学生男子!告白場所のおすすめ




あの手この手で、気になる女子との距離を縮めていき、やっぱり好き! 彼女になってもらいたい!そう思ったら、男らしく告白することになりますよね。



告白のタイミングって、本当に重要です。



どんな告白場所がいいのかご紹介していきます。



王道は放課後の教室や帰り道




告白の王道はやはり、放課後の教室や帰り道になります。



1つ目のポイントは、放課後です。



日中の騒がしい学校と違い、放課後は一気に静かになりますよね。



そこで2人きりのシチュエーションで告白です。



この場合大事なのは、2人きりのシチュエーションを作れるかどうかにかかってきます



教室に人がいたり、恥ずかしがって友達が付き添ってきたりしたら最悪です。事前に、1人で来て欲しいとちゃんと女子に伝えておきましょう。



それでも友達が付き添ってきたら、「ちょっと貸して!」とでも言い、その女子1人を連れ出し、場所を変えてでも2人きりになるようにしましょう。



もう1つは、帰り道です。



彼女が家路に向かう途中、1人、もしくは友達が一緒でも、「ちょっといいかな?」と2人きりにさせてもらい告白します。



いずれにしろ、告白はムードが大切なことを忘れないことです。



学校行事をきっかけに…




修学旅行や体育祭など、大きな学校行事の後って、妙に男女が仲良くなったりします。



それをうまく利用するのです!



学校のイベントごとは、普段の日常の違う雰囲気になるので、それだけでみんな気分が上がっています。



すでに仲がある程度いい女子に告白するのなら、タイミングを見計らって、2人になった時に告白ですし、そこまで距離が近い女子でない場合は、友達に協力してもらい、お祭り騒ぎに紛れて告白してしまいましょう。



卒業式




卒業式で涙する人もしない人も、みんな一様に別れを思い切なくなります。



別れる悲しさと、次に来る新しい出発への前向きさが混じり合い、感傷的になるのが卒業式です。



この時の告白は、普段の冷静な時より成功率が高いともいわれます。



そして、最悪あなたの恋が成就しなくても、卒業してしまっているので、また学校で会い、お互い気まずいということがないのも救いになります



私が中学・高校の頃も、卒業式には必ず告白する男女の姿がありました。



私の友達もその一人。



彼女の場合、女子の方からの告白でしたが、見事OKの返事をもらい、涙涙の卒業式になりました。



もし中学生のうちに彼女が出来なくても、恥ずかしいことではありません。高校生になったら、こちらの記事もチェックしてみて下さいね。

彼女の作り方を高校生へお教えします!簡単に実践できる方法4つ



以外な場所




最後に、当ブログが独自に調査したアンケート結果をお伝えします。



・『興奮度』を写真撮影して教えてください



彼女欲しい中学生
興奮度説明写真



・あなたが考える中学生向け、おすすめの告白場所を教えてください



休み時間にトイレの前に呼び出し



・おすすめの理由を端的に伝えてください



人が結構通るからその中でこっそり告白されてすごくドキドキした私の体験談です。



彼女が欲しいけど、男子校に通っている中学生はどうしたら?




彼女が欲しい中学生の中には、男子校に通っているという男子もいますよね。



そういう男子は、共学の男子と違い、極端に女子との出会いがありません。でも、出会いはゼロではありませんよ!



例えば、



  • 小学校の時のクラスメートの女子に連絡を取ってみる

  • 幼なじみからの紹介(もしくは幼なじみ自体が、気になる女子になる場合も)

  • 通っている塾での出会い


  • など、学校内で出会いがなくても、外での出会いはたくさんあります。



    また、学校の部活動に参加し、大会などで他校に行ったときにも出会いはありますよね。



    そして、友達の中に、すでに彼女がいる人がいれば、その人に紹介してもらうという方法もあります。



    彼女が欲しいけどできない人の特徴は?




    女子にはすごく興味があるし、彼女が欲しいのにできない!そんな悩みはありませんか?



    そんな彼女がなかなかできない男子にはある特徴があります。



    代表的な特徴をご紹介しますね。



  • 清潔感がない…おしゃれに敏感になってくる中学生は身だしなみにも気を使いだします。制服が汚かったり、ヘアスタイルがキマってなかったり、最悪、フケがあってはモテません。


  • がっついている…彼女が欲しい気持ちが先走り、ついつい女子に対してがっついた態度は、女子に嫌がられる原因になります。下心が見え見えの優しさは、優しくてステキではなく、ただのがっつき男子に見られてしまいます。


  • デリカシーがない…女心がわからないのは、どの年代の男子にも言えることですが、デリカシーなく、女子の傷つくことをいうのは、どの年代の男子でもタブーです。彼女が欲しいなら、女子のルックスや、差別的なことを例えジョークでも言うのはやめましょう。



  • いかがでしょうか?



    思い当たる節はありませんか?



    まずは焦らずに、自分ができることから実践してみることです。



    思っているだけでは実現はしません。彼女が欲しいなら、行動することですよ!