女性上司と社内不倫


あなたには職場に憧れの「女上司」がいるでしょうか?



「職場」はもっとも不倫関係に発展しやすい場所です。



ほぼ毎日一緒に過ごし、同じ目標に向かって苦楽をともにするのだから、恋心が生まれることに不思議はありませんよね。



今回は女性上司&男性部下の不倫でありがちなキッカケとバレる行動についてのお話です。



社内不倫にありがちなキッカケ




あなたは過去にも「年上女性」に憧れた時代がありませんでしたか?



男性にとって女性の上司は「ギャップ」をたくさん感じられる存在なので、なおさら憧れやすいもの!



残業




日中の明るい雰囲気ではなんとも思わない相手でも、照明が落ちて妙な静けさがただよう定時後の社内ではちょっと違って見えるもの。



女性上司とふたりっきりでの残業にはちょっとドキドキしてしまいますよね。



髪をほどいたりジャケットを脱いだりなど、女性上司がふと見せる「オフの顔」も魅力的にうつります。



いつもなら話さないような深い話題になったりすることもあるでしょう。



私にも同じ経験があるのですが、残業中の会話はなんだか秘密めいていて、次の日からの距離がグッと縮まるんです。



とくに同じチームやプロジェクトで一緒になっていれば、残業が重なる機会も多くなりますよね。



「残業」という独特の雰囲気をともに過ごす機会が多くなればなるほど、あなたも女性上司もお互いを意識しやすくなるのは自然なことです。



出張




直属の上司であれば、一緒に出張にでかけることもありますよね。



過ごす時間や見える景色がいつもと少し変わるだけで、ふたりきりでは無かったとしても「非日常的なシチュエーション」で刺激に!



私が出張で男性にときめくのは「道中」です。



ちょっとした荷物を持ってくれたり、なにかと優先してくれたりなど「女性扱い」を感じやすいのが道中。



もちろん、同じ女性でも男性にときめくポイントはさまざまですが、年下男性のいつもと違う一面は女性にとってもギャップなんです。



そして男女としての距離が縮まるのが突然であればあるほど、強く意識するものです。



社内不倫が職場でバレる行動




不倫バレる行動


では、女性上司&男性部下の社内不倫は、どんなことがきっかけで職場にバレるのでしょうか?



狭い社会である職場では、あなたが思っている以上にお互いの監視下にあり、さらに人の口に戸は立てられませんので「かもしれない」があっという間に広がります。



急な距離感の変化




どんなキッカケであっても、男女の関係として成立したあとにはやっぱり意識せずにはいられません。



しかし、ここで急に仲良くなったりよそよそしくなったり・・・つまり今までの距離感を変えるような付き合いにしてはすぐにバレてしまいます。



私も気づいた経験がたくさんあるのですが、本人たちが思っているよりも「ただならぬ雰囲気」は出てしまうのです。



「あれ?このふたり何かあった?」という誰かのカンはバカに出来ません。



「いつも通りの距離感」を意識していても、ふとした瞬間のやりとりが誰かの目にとまることは十分にあります。



女性上司との社内不倫がバレたら、最悪は職を失ってしまうので十分に気をつけたいポイントです。



視線でヤキモチがバレバレ!




男女問わず、特に付き合いたてにはヤキモチも妬いてしまいますよね。



「見ないようにしよう」と意識しても、いつの間にか相手を目で追ってしまうもの。



相手が異性とたのしげに話していればなおさら気になってしまいます。



その視線や、無意識に作られてしまう「ヤキモチの表情」



これを周り(特に女性)が察知してバレるケースが意外と多いのです。



ヤキモチ妬きの自覚があるなら、気持ちが少し落ち着くまでは積極的に外回りに行くなど気を紛らわすように仕事に集中するのがベストですね。



帰宅時間・有給がいつも一緒




帰宅するタイミングや有給休暇をとる日程がいつも重なっていれば、「わたし達付き合ってます!」と宣言しているようなもの。



有給休暇まで重ねるのはさすがに行動が浅はか過ぎますが、帰宅時間なら「たまになら気づかれない」とついつい一緒にしているカップルも多いのではないでしょうか?



じつはそれ、見られています!



そのまま職場から出たらすぐに合流など、バレて欲しい人がする行動です。



万が一、相手の家族が浮気を疑って探偵に依頼していたら、簡単に写真を取られてあっけなく終了します。



職場の人の目が届くところでは会わない、というのは社内不倫の鉄則です。



たまたま重なった休みに旅行に行きたいと思っている不倫カップルは、こちらの記事も要チェック。



不倫相手との旅行がいかにハイリスクなものになるかを知っておくのは大事なことです。



不倫旅行におすすめの人気スポット3選&バレない言い訳の仕方



女上司との不倫はリスキーすぎる!




上司と社内不倫


職場不倫のなかでも、もっとも多いパターンはやはり男性上司(既婚)&女性部下(未婚)です。



つづいて同期の既婚同士がよくあるパターンの職場不倫カップル。



女性上司&男性部下は意外と少ないものですが、不倫に発展した場合にもっとも家庭崩壊のリスクが高まるのがこのカップル!



特に男性部下が未婚の場合、だんだんと独占欲が強くなって相手の夫に働きかけるような大胆な行動に出る可能性があるからです。



女性としても、「年下男性からのアプローチ」に酔っている状態なので、「離婚」というキーワードにもまんざらでもないはず。



しかしふたりで盛り上がるのは勝手ですが、不倫で離婚の場合には慰謝料が発生する可能性大。



離婚が成立したとしてめでたしめでたし、なら良いのですが「新しいふたりの門出」が借金まみれにならないように、本気であっても冷静に行動していってくださいね!