年上彼女との結婚


年上彼女との結婚に悩んでいる男性は「そもそも自分に結婚のつもりがまだない」場合と「結婚したい気持ちはあるけど不安」、このどちらかで悩むことが多いと思います。



年上彼女と結婚して後悔するリスクやその反面にあるメリット、そして結婚に悩んだ時にはどういう方向で考えをまとめていけばいいのかを一緒に見ていきましょう。







年上彼女との結婚は年齢と収入の安定が決め時!




世の「姉さん女房」を持つ男性たちは、どんなタイミングで年上彼女との結婚を決めたのでしょうか?



あなたの背中を後押ししてくれるかもしれませんし、結婚のタイミングを決める目安にもなりますよ。



彼女の年齢が結婚・出産の適齢期を過ぎたとき




社会で活躍する女性の姿が当たり前の現代ですが、それでも特に「出産」にはタイムリミットを感じる女性がほとんどです。



結婚願望が強い女性であれば20代後半~30代にかけて、結婚願望は無い女性でも40代になる頃には出産への不安を覚え始めます。



この時期が年の差カップルによくある結婚のタイミングです。


もしあなたの年上彼女が出産適齢期を迎えていたら、彼女から結婚について打診される前にリードしてあげるとスマートですね。



自分の仕事が落ち着いて収入で安定したとき




年上彼女の収入が多い場合には特に、「自分ひとりの収入でも十分に彼女を養っていけるか」は結婚を大きく左右します。



男性側の収入が安定し、さらに仕事も落ち着いてきた頃には具体的な家族計画なども立てやすく、結婚に踏み切りやすいタイミングです。



年齢に関係なく彼女が好きだと感じたとき




何といってもここが重要ですよね。



一生を一緒に過ごす相手となるわけですから、年の差におけるさまざまな問題を差し引いても「彼女を愛してる!」と思える気持ちがあれば多少の不安はあっても結婚に踏み切る男性も多くいます。



結婚で後悔するかしないかは、彼女との年の差だけが原因とはなりません。



思い切って結婚してしまうことで、うまく行くカップルも多いものですよ。



年上彼女からの結婚のプレッシャーを感じたらどうするのが正解?




年上彼女から結婚のプレッシャーを感じた時、あなたにその意思がないときには気まずく感じてしまいますよね。



しかし大人同士が付きあえば、いずれはやってくる問題でもあります。



先延ばしにしないことが、彼女との関係を深めるポイントです。



まずは真剣に考えてみること




あなたは結婚したいのかどうか。



そして彼女との結婚生活はどう思い描けるか。



より具体的に、出来れば数十年先までイメージしてみましょう。



「楽しいことばかりではない」という部分も踏まえて考えることで、あなたの気持ちもまとまっていきます。



もし頭の中がぐちゃぐちゃになってしまうようなら、紙に書きだしてみてください。



このようにして、「年上彼女との結婚」から目をそらさないことが第一歩です。



自分の気持ちを正直に伝える




あなたに結婚の意思がないとしても、まずはそれを伝えるのが誠意です。



それがきっかけで彼女と別れる可能性もないとは言えません。



しかしそれでも「結婚願望がある年上女性」と付き合っているのであれば避けて通れない道ですし、いつまでも期待だけさせておく方が酷になります。



ただ、この際一方的に伝えるのではなく「話し合い」という前提で言葉を丁寧に選び進めてください。



お互いの結婚観を照らし合わせる




あなたの結婚への意識と、年上彼女の結婚観。



このお互いの結婚観を照らし合わせることで前に進めます。



お互いの「結婚したい時期」「子供について」など、より具体的に未来予想を描きましょう。



最初はずれることもあるかもしれませんが、お互いの考えを明確にすることで歩み寄れることは多くあります。



私自身、子供は欲しくないと思っていましたが彼と話し合いを設けたことで「将来の家庭像」がイメージしやすくなり、「悪くないかも」という気持ちが強くなり変化していった経験があります。



年上彼女との結婚で後悔なし!色んな余裕で生活度は充実する




年上彼女との結婚


年上彼女と結婚した人たちで、「こんなところが結婚して良かった」と思うポイントです。



年上女性ならではのメリットとも言える部分。



彼女を逃したら他にはいないかも?



収入の余裕




働いている年上彼女の場合、結婚後にも「仕事を続けたい」と思う人も多いそうです。



共働きが当たり前になっている昨今ですが、パートやアルバイトと比較するとやはり収入面での安定があるのが正社員。



私はフリーランスとして働いていますが、主人との収入を合わせると月に100万を越えることもあります。



もちろん結婚後はなにかと出費も多くなります。



それでもパートタイムでは得られない安心感があるのも事実です。



気持ちに余裕がある




年上女性には気持ちに余裕があります。



それはどんな女性であったとしても、身近に年下がいることで自然と自分と比較し、余裕が生まれているのです。



例えばあなたに多少至らない点があったとしても、「年下だから仕方ない」と思える気持ちの余裕などです。



「姉さん女房」が良いと言われるのはこの点かもしれませんね。







年上彼女との結婚で後悔するかも?出産と加齢を考える




さて、年上彼女との結婚が現実的になってきたら、あなたも「リスク」について考えるときが来ています。



年上彼女と手を取り合って協力していくことが出来るかどうかが結婚生活を左右します。



高齢出産にはリスクが伴う




35歳以上の出産は「高齢出産」とされ、妊娠する確率が下がったり、染色体異常の子どもが生まれる可能性が高くなるなどさまざまなリスクを伴ってきます。



男性はイメージしにくいと思いますが、高齢になるほど妊娠・出産にはリスクもプレッシャーも大きくなります。



あなたの「子どもが欲しい」という気持ちだけで突っ走ることのないように、年上彼女のぺースに合わせることが出来るか?



リスクに対する覚悟は本当に出来るか?をよく考えましょう。



子育てをしっかりサポートできるか




子どもは生まれたら終わりではありません。



年上彼女と結婚し子どもができたとき、彼女は何歳でしょうか?



35歳以上であれば、体力的にも厳しくなってきますし、子どもが成人するころに自分たちは何歳になっているのか。



収入は安定しているのか、など子育てにかかる「体力」や「金銭面」での問題をクリアにしておきましょう。



彼女が先に年老いても愛せるか




年の差恋愛をしてきた私は、10歳以上差のあるカップルの結婚で一番の問題はここだと思っています。



老いること、死ぬこと、そういった年上彼女の姿をそのまま受け止められるかどうか。



本能的に若い女性に魅力を感じることがあったとしても、先に老いる彼女に何かあったとき、あなたは支えることが出来ますか?



年上彼女との結婚に悩んだら原点に戻ろう




年上彼女との結婚


年上彼女との結婚を思う時、おそらくメリットやデメリットをたくさん考えることと思います。



しかし、デメリットのほとんどは「仕方のないこと」とも受け取れますよね。



結婚はメリットがあるからするものではありません。



「年上彼女との結婚で本当に後悔しないか?」に悩んだら、あなたが彼女を好きな気持ちを思い出して原点に返ってみましょう。