年上彼女との付き合い方


「年上女性」と言っても、その年齢層はさまざまです。



女性のなかでも特に難しいのは30代。



これは結婚や出産にタイムリミットを感じ始める年齢であると同時に、仕事でも責任あるポジションになる、収入が安定して新たな生き方を考え始めるなど恋愛以外でも生活全般が面白くなる年代のため。



そんな30代女性と上手に付き合うためには?



特にあなたが彼女にとって「年下男子」の場合、どれだけ良いスタートを切れるかどうかがその後の付き合いを左右します。







年上彼女との付き合い方は最初が肝心!上手な落とし方で基盤を築くこと




なぜ年上の30代女性との付き合いには「最初が肝心」なのか?



まずはこの点を心得ておかないと、憧れの彼女はあなたに振り向いてくれません。



30代女性には「どうでもいい男」とお試しで付き合っている時間はない




冒頭でお話しましたが、女性は30代に入ると結婚や出産を強く意識し始めます。



さらに、海外留学や移住、転職など大きく生き方を変えるなら最後のチャンスかも?と思う年齢でもあるのです。



つまり、結婚を考えられるかどうか以前に、「どうでもいい男」との「お試し付き合い」に時間を割いている暇は無いのです。



あなたが年上彼女の人生にどれだけ食い込んでいけるか、この点が勝負どころとなり、その後の二人の関係性の基盤を築きます。



年上彼女との付き合い方!30代の上手な落とし方ポイント①注意点!魅力と危険がセット




年上彼女と上手な付き合い方をするために重要な最初の一歩である「落とし方」。



付き合い出して早々に見切りをつけられるようでは男が廃ります。



付き合い始めの内に彼女が心を開くことの出来る存在になりましょう。



そのためには、まずはあなたが30代年上彼女の魅力と危険性をよく理解しておくこと。



自分だけに「女の顔」を見せてくれるのが最大の魅力




特に外で働く30代女性は少なからず「男っぽい強さ」を身につけています。



女性の職場であることが多かった私の考えですが、これは女社会であればあるほど、かもしれません。



年齢と共に弱さや女っぽさを見せることが出来なくなる中、年下であろうが年上であろうが、「彼氏」の前では女として生きたいというのが女性です。



もちろん心に決めた女性がいるなら、その姿がどれだけ魅力的かはあなたが一番分かっていることですよね。



しかし今はキレイな年上彼女でも、年齢差によってはあなたよりずっと早く年を取っていくのは確実です。



そんな現実問題にいつか直面した時でも、あなたが意識して年上彼女の「女の顔」を引き出してあげることが出来れば、きっと上手な付き合い方が出来ていきますよ。



結婚や出産にタイムリミットを感じ始めている女性には注意




30代女性は結婚や出産に対して「したい・したくない」に関わらず、意識はします。



ここで重要なのは、あなたの好きな年上彼女が結婚・出産を願っている場合。



特に出産に関しては誰でも高齢出産になる前にしたい、というのが本音です。



そんな女性に、結婚するつもりもないのに気をもたせるのはルール違反です。



要らぬ恨みを買ってしまうことのないように、まずはあなた自身の結婚観をしっかりと持ちましょう。



年上彼女との付き合い方!30代の上手な落とし方ポイント②アプローチは積極的に!ラインでは砕けるとギャップが作れる




年上彼女


30代で仕事もプライベートもキラキラしている年上彼女には、どんな風にアプローチするのが良いか悩んでしまいますよね。



ずばり答えは、「積極的にリードする」です!



自分からリードして恋愛を進める30代女性は少ない




あなたが積極的にアプローチして、年上彼女の「恋愛スイッチ」を入れることが出来るかどうか。



30代女性との付き合いをスムーズに始めたいなら、ここがカギになります。



女性は30代になると恋愛以外にも視野が広がると共に、若い子と比較して女性としての自信を失くすことも多いので、よほどの相手でない限り自分から積極的なリードをしてまで恋愛を進めようとは思いません。



ただ、30代で「恋愛はもういいや」とまで思っている女性もいないでしょう。



つまり、リードしてくれる人がいればいつでも恋愛をスタートさせるスイッチは入るのです。



また、20代の子のように常にキャピキャピとしている30代女性もいませんよね。



少々冷たくあしらわれたくらいで引くようでは、年上彼女のスイッチは入りませんよ。



オンとオフの切り替えをすることで彼女が甘えやすい男になれる




30代年上彼女の「女の顔」を見せてもらうには、甘えてもらうことが必須ですよね。



「甘え方が分からない」という女性の悩みは多く聞きますが、実は「甘えさせ方が分からない」男性も多いのではないでしょうか?



本当は簡単に、誰にでも出来ることなんです。



まずはオンとオフの切り替えをはっきりとさせましょう!



仕事中は徹底して対面でもメールでも敬語、でもプライベートのラインではスタンプなどを使い砕けてください。



この違いを見せるだけで、年上彼女はあなたが「オフを見せている」と感じられます。



あなたが先にオフの姿を見せることで、年上彼女は甘えやすくなりますよ。



そしてこれが、「リードする」ということにもつながります。







年上彼女との付き合い方!30代の上手な落とし方ポイント③頼れる年下男子に惹かれるのが女性の心理




30代年上彼女の上手な落とし方では、「年下男子であること」を活用しない手はありませんよね。



ギャップに弱い女性の心理を利用して、あなたの男らしさをアピールしてください。



デートや食事はおごる




付き合ってからの支払いは二人の関係性によって変わりますが、付き合う前のデートや食事ではあなたが率先しておごりましょう!



「財布も出さない女は嫌だ」とか「そこは平等でありたい」という問題ではありません。



ここで大事なのは、「おごる」という行為を「お金の価値観の話」にすり替えないことです。



デートや食事をおごることで、あなたに主導権が生まれます。



さらに年上女性には「女として扱ってもらえた」という感情が芽生えます。



「主導権を持った年下男子」というギャップ、「女性扱いされて甘えやすい」という頼もしさ。



お金の価値観ではおごるのが嫌なこともあると思います。



しかし恋愛をする上で男らしさをアピールするには、簡単で誰にでも出来るテクニックですよ。



将来の話をする




「頼れる年下男子」をアピールするもうひとつの方法、それは「将来の話をする」です。



将来設計がしっかりしていることで頼れる年下男子アピールが出来るのもありますが、理由はそれだけではありません。



30代になると、一気に「将来」が近づいてきます



それは20代の頃のように漠然としたものではなく、例えば「家の購入」や「親の老後」など、冗談ではなく「意外とすぐそこだな」と思うのです。



女性にとって年下男子と付き合うときに怖いのは、この感覚の違いかもしれません。



20代の頃は「今が楽しければ」と思えていた女性も、30代になるとまったく将来像を描けない年下男子と付き合うのは「意味があるのか」と不安になります。



結婚の意思はもちろん、あなたが将来に向けて今頑張っていることなどを話すことで、年上彼女に安心感を持たせることが出来るのです。



年上彼女との付き合い方は30代女性の心理がカギ!「脈あり」は自分が作るもの




年上の彼女


年上彼女と付き合いたい!そう思ったとき真っ先に「脈ありかどうか」を測ってしまうことでしょう。



しかし年上彼女の「脈あり」はあなた自身が作り出すもの。



30代女性ならではの心理を理解して、女心をくすぐる年下男子になれれば脈は自ずと生まれます!



年上彼女との付き合い方【実体験】の紹介




ここからは、当サイトが独自に調査した、年上彼女目線の実体験をご紹介します。是非、付き合い方の参考にしてみてくださいね。



実体験その1




■レイラさん(パタンナー/32才)の体験談

年上彼女付き合い方3
レイラさんが実際にデートした海



私は今年32歳になります。私には11歳年下の彼氏がいます。



今まで男の人と付き合ったことがなかったのですが、まさか自分が11歳も年下の彼と付き合うだなんて夢にも思いませんでした。



彼と出会ったのは、とある映画の鑑賞会の時でした。



ネットで知り合った顔も知らない方々と映画を見に行こうという企画です。



男性5人、女性4人で見に行きました。その時隣に座ったのが彼でした。



最初は、彼はとてもぎこちない感じで話しかけてきたのですが、自分は人見知りしない性格で、誰とでも話が出来るので緊張をほぐすように彼に色んな話を聞いたりしました。すると彼も緊張が解けたのか楽しそうに話をしてきました。



聞いたところ彼はまだ20歳で、見た目は高校生ぐらいでした、最初は全く恋愛対象など微塵も感じていませんでした。



しかしある時突然胸がときめくことがありました。



映画が終わり皆とカレー屋さんに行った時でした。



座る場所は合コンみたいな感じで前に男性5人が並ぶ形で座りました。



目の前に、彼が座り、そこでまた話をしていると端の男性2人が口喧嘩をはじめてしまい、場の空気は一気に悪くなってしまいました。



喧嘩の内容は、1人が特盛カレーを頼み、もう1人がミニカレーを頼みました。



特盛カレーを頼んだ男性がミニカレーを頼んだ男性を馬鹿にしたことからはじまりました。



その時彼が立ち上がり2人の真ん中に立ち2人の肩を抱き「よし!みんなで早食い競争しよう」と言いました。



現場は大爆笑の嵐で。特盛カレーを頼んだ男性も俺不利じゃないかと、笑いながら言っていました。



こんな雰囲気も覆す彼に私は恋心を抱いてしまいました。



私は猪突猛進タイプで、この出会いを逃すまいと彼をデートに誘いました。



すると彼は他の友達も呼ぼうとしてたので、デートだから2人で、と伝えました。



すると照れたような顔文字が入って、よろしくお願いしますと返ってきました。



自分の年齢は伝えてあったので正直断られるかなと思ったのですが、彼は快く受け入れてくれました。



そしてデートの日、彼はファッションにはこだわらないのか、ラフな格好で来ました。



男の人はこのぐらいの方がいい!と思いながら夕食を食べに行くとの事だったので、迷いながらも中華屋さんに入りました。



彼はラーメンが好きなのか美味しそうにラーメンを食べていました。



そんな姿もすごく可愛くて、ずーっと見てしまいました。



するとどうしたの?と聞かれつい美味しそうに食べてるから見とれてました、と冗談混じりに言うと彼は照れたように顔を俯かせました。



その仕草もすごく愛おしくて、余計に好きになってしまいました。



楽しい時間もあっという間に過ぎてしまい、私は現地まで車で来ていたので駐車場まで送ってくれるとのことでした。



彼は私の顔を見ながら歩いていました。



目線に気づきちょっと恥ずかしかったけど彼の手首を掴み駐車場まで行きました。



車まで来た時私は彼に好きです。と伝えました。



しかし彼は少し俯いて自分は彼女がいたことは3回あるが結局うまくいかず恋愛がトラウマだと話されました。



しかし私は折れることなく、私が貴方を幸せにします。



私も恋愛には疎いけどはじめて一目惚れしました。付き合って欲しいと真剣に伝えました。



すると彼は、頷いてくれました。



はじめて一目惚れして、はじめて年下の彼氏と付き合って、私は幸せだなと思いました。



そんな彼と付き合ってはじめてデートしたのは海でした。



天気も良くて、最高でした。



海に行くのは大体家族とだったので、彼氏と来るのははじめてで、あぁこんな感じなんだな、嬉しい、あたたかい、幸せだ!と心から感じました。



年下だから、かなり歳が離れてるからと気にしていましたが、愛に年下なんて関係ないです。



自分が今幸せで相手も幸せと感じることが大事なことだと思います。





実体験その2




■瞳さん(接客業/35才)の体験談

年上彼女付き合い方2
瞳さんが実際にデートした時の画像



私は33歲で、彼が20歲を迎える直前から付き合い始めました。



今までいろんな男性とお付き合いしてきましたが、束縛が強かったり意見が合わなかったりで上手くいきませんでした。



彼は会社のアルバイトでした。



ノリがあって、プライベートでもたまに他愛ないLINEをする中でした。



しばらく経つと、私の家の方に用事があるからついでに車で送っていく、という日が増えてきました。



私と一緒にいたくて、嘘の用事を言っていたようです。



それを知った時は可愛くてますます好きになりました。



動物が好きで、特に海の生き物をみると大興奮。



3週連続で水族館デートの時もありました。



無邪気に楽しんでいるところをみると、こちらも楽しくなります。



変な駆け引きはなく、いつも直球で素直なので、ふてくされると、面倒くさいな、と思う時もありますが、すぐ仲直りできます。



若いので行動力もあり、何かあると引っ張っていってくれるのも魅力です。かげでは私が微調整しつつですが。



まっすぐぶつかってきてくれるところは、同年代や年上の男性にはなかなかないところなので、毎日幸せに過ごしています。





実体験その3




■富美さん(アパレル業/36才)の体験談


富美さんの付き合い当時の心理状態を示したもの



私が33歳の時、25歳の彼に声をかけてもらいました。



前から知り合いではありましたが、かなり歳下なので、恋愛対象とは考えていませんでした。



しかももともとそんなにタイプではない人でしたが、ある時「結婚を考えて付き合って欲しい」とはっきり言ってくれました。



私の方はちょっと驚いてしまって、すぐには返事ができませんでした。



でも、ストレートにはっきりと気持ちを伝えてくれ、結婚まで考えて告白してくれたことを思うと、私も真剣に考えてみなければならないと思いました。



一時的に感情が高まってるだけなのでは?



と、相手の気持ちに懐疑的な思いもありましたが、隣県に住んでいるにもかかわらず、片道1時間かけて何度も会いに来てくれました。



私の答えが出るまで、待ちながらも会う機会を持ってくれたことで、相手に対する信頼も深まりました。



歳下ですが、考えは落ち着いていて、むしろ安心できる感覚を持つことができたので、お付き合いをすることにしました。



女性が年上だと、「もっと若い子をいくらでも選べるのに、申し訳ない」という思いもどこかに持っているので、それを払拭できるくらい、ストレートで積極的なのアプローチがあったことがうまく言った秘訣かなと思います。