年上彼氏に敬語


年上彼氏と付き合い始めたら、まずやってくる「言葉の問題」。



上司と部下、先輩と後輩、そんな上下関係からの付き合いであればなおさら「敬語をやめるタイミング」に悩みますよね。



今回は「そもそも敬語は必要か」という部分からさまざまな男性やカップルの心理を掘り下げ、さらに「敬語をやめるタイミング」の方法をお伝えしていきます!







年上彼氏に敬語って変?使い続けるカップルとタメ口彼女の心理を比較




まずは「敬語カップル」「タメ口カップル」の心理的な部分から。



「男性心理」と言っても、言葉遣いに関してはそれぞれ考え方が違うため、一口にはまとめられません。



あなたの年上彼氏はどんなタイプなのか、言葉遣いをキッカケに深く知れるチャンスにもなりますよ。



【付き合いが長い場合】敬語を使い続けることに違和感がない




彼氏との年の差が大きい場合や、長いこと「敬語の関係」が続いてきたカップルは、そのまま敬語で付き合うこともあります。



もちろん他人がどうこう言う問題でもなく、当人同士が違和感なく過ごしているのなら問題ありません。



しかし、一方に「敬語で付き合うこと」へ違和感があるのなら一度見直してみましょう。



【年下彼女がタメ口】距離感を縮めたいという男性の心理




私は18歳年上の彼氏と付き合っていますが、私たちの場合は彼氏の方が「敬語だとなんか寂しい」というタイプ。



「年下彼女を持つ男性」の中には、私の彼氏のように単純に距離感を縮めたいと感じて、彼女に敬語からタメ口に切り替えてもらうこともあります。



彼氏の方からそう言ってくれれば、彼女もタメ口に切り替えやすいですよね。



問題は「彼氏は何も言わないけど、なんとなく違和感あり」の場合。



それについての解決策を次の項目から一緒に考えていきましょう!



年上彼氏に敬語をやめたい!彼女からタメ口に変える方法その①




あなたが「年上彼氏への敬語をやめたい!」と思っている場合、もっとも自然にタメ口に切り替えられる方法を最初にご紹介します。



徐々にタメ口を混ぜていく




私がホステスとして働いていた当時、年上の男性との距離を縮めるテクニックとして、また「この人は敬語とタメ口、どっちがいいのか」を探る方法として使っていたこと。



それが「敬語とタメ口を混ぜる」です。



最初は「すごいね!」「本当?」など、リアクションをタメ口にします。



慣れてきたら、「そうなの?」「○○って知ってる?」など、質問をタメ口にします。



徐々に変化を作る過程で、相手の表情とお互いの距離感をよく観察してみましょう。



敬語orタメ口、2人にとってどちらが自然か見えてきますよ。



【ポイント】ハードルが高い!と思ったらメールから




「会話でタメ口を使うのはちょっと緊張してしまう」、そんなあなたにはメールやラインにタメ口を混ぜていくのがおすすめです。



もちろん、例えば「上司と部下」などの関係からのステップアップであればそれも緊張しますよね。



最初は「やったー!」「うれしい!」など、自分の感情表現からタメ口にしてみましょう。







年上彼氏に敬語をやめたい!彼女からタメ口に変える方法その②




2つめの「敬語をやめる方法」として挙げられるのは、相手にゆだねること。



年下彼女を持つ男性は、「年下っぽい悩み」も受け入れてくれます。



どっちがいいですか?と素直に聞く




これは付き合ってまだ間もない頃に聞いてしまうのが自然です。



年上彼氏に「このまま敬語かタメ口にするか悩んでいて…」とちょっと真面目に打ち明けるのもひとつ。



なぜなら年下彼女が可愛くて仕方ない彼氏にとって、「そんな小さなことで悩んでたのか」というあなたの姿はいじらしいもの。



一人で悩んでも解決しないことを素直に頼れる、それもまた年上彼氏の魅力です。



【ポイント】急に敬語をやめるのは危険




例えば「上司と部下」などの場合、恋人になったからと急に敬語をやめるのは不自然です。



特に上下関係における言葉遣いマナーに厳しい人の場合、急に敬語をやめてしまうとガッカリされてしまうかも。



「オンとオフを分けたいので、プライベートでは敬語をやめてもいいですか?」と聞いてみるところからスタートしましょう。



年上彼氏に敬語をやめたい!彼女からタメ口に変える方法その③




年上彼氏への敬語


今回ご紹介する「年上彼氏に敬語をやめる方法」の中でも、より距離感の近いカップルにおすすめの方法です。



あなたのキャラクターによっては、一番スムーズに敬語をやめられる方法かもしれません。



お母さんっぽくなって彼氏をいじる




もしあなたが「お姉さんキャラ」なら、年上の彼氏でも自然と「いじる」ことが出来ると思います。



例えば年上彼氏が何か失敗をしたとき、少しいじわるっぽくタメ口でいじってみましょう。



あえて「自分の方が上」という設定を作ることで敬語をやめても不自然ではなくなります。



年上彼氏の敬語カップルはかわいい!無理にやめる必要なし




これまで、「年上彼氏に敬語をやめる方法」をお伝えしてきましたが、実は「敬語カップルはかわいい!」と思われることも多いんです。



自分が気に入っている・自然体ならそれが一番




敬語で話すことが好き、敬語で付き合っていても違和感がない、という場合には無理に敬語をやめる必要はありません。



もし誰かに「付き合ってるのに敬語なんておかしい」と言われたとしても、「自分たちがリラックスして付き合える関係」が何より重要です。



怒ってるときだけ敬語にすると彼氏の心を鷲掴み!




「敬語をやめる」とは少し内容が異なりますが、敬語をやめた後でも「怒るときだけ敬語」など使い分けをすると男性の心を掴みやすくなります。



特にあなたにやきもちが生まれたとき、敬語でそれを伝えるといじけた気持ちが伝わって年上彼氏もキュンとすること間違いなしです!



年上彼氏への敬語に悩んだらまず相談!男性心理をくすぐって




年上彼氏に敬語をやめる


敬語や言葉遣いに限らず、2人の関係において悩むことがあれば素直に伝えてみてください。



あなたよりも長く生きている年上彼氏は、あなたの悩みを受け入れてくれる器を持っています。



そんな年の差カップルならではの安心感を味わうとともに、悩みを打ち明けることで「頼られて優越感(うれしい)」という男性心理をくすぐることが出来ます。



年上彼氏が「離したくない女性」を目指しましょう!