年上彼氏の呼び方!


いつの時代も女性にとって「年上の彼氏」は憧れの存在。



でも年上ゆえに悩んでしまうことだってあるんです。



中でも「呼び方」は付き合って最初に直面する問題かもしれませんね。



今までは上司だった人、先輩だった人、友達だった人・・・そんな年上男性が「今日から自分の彼氏」になったからと言ってすぐに呼び捨てやあだ名ではなかなか呼べません。



男性としても「本当はもっと距離を縮めたい」と思っていても、なかなか言い出すタイミングが無いのかも。



そんなモヤモヤした部分は、あなたから積極的に解消していきましょう!



さらに呼び方ひとつで配慮が見えたり、「年上彼氏」からのポイントが上がることもあります。







年上彼氏の呼び方に困ってる?最初におさえたい男性心理のポイント




どんな呼び方をするにせよ、そしてどんなタイミングで呼び方を変える場合でも、まずは男性心理を抑えることで年上彼氏に「配慮ができる子だな」と思ってもらえます。



【男性心理①】人前では呼び捨てしない




人前で呼び捨てにされたら、他の人からは「あいつは尻に敷かれてる」という印象がついてしまうこともありますよね。



男性はプライドの高い生き物です。



バカバカしいと思わずに、常に男性のプライドに配慮してあげることで、年上彼氏だけではなく男性に好かれるようになります。



【男性心理②】呼び捨てにするときは断りを入れる




呼び捨て自体を気にするかどうかは人それぞれです。



しかし、一言「名前で呼んでもいい?」と断りを入れることで、年上彼氏は「男として立ててくれた」と思えるでしょう。



その人が気にするかどうかではなく、まずは相手に配慮する気持ちを持って接しましょう。



【男性心理③】どんなパターンでもたくさん呼ぶ




「愛してる」の一言よりも名前を呼ぶ方が、特別感があったり認められていると感じることができます。



どんな呼び方をするか、これも大事かもしれませんが、それ以上にたくさん相手の名前を呼んでください。



あなたの思いやりも愛情も、名前を足すだけで相手にちゃんと伝わるようになりますよ。







年上彼氏の呼び方を変える!男性が喜ぶパターン①先輩・後輩の関係から「くん付け」にシフトする




先輩・後輩の関係から彼女へと変わった場合、「○○先輩」「○○さん」と呼んでいた人も多いですよね。



そのままで問題はなくても、男性としてはちょっと寂しいもの。



年の差が大きいカップルでも呼びやすいのは「くん付け」です。



「○○君って呼んでもいいですか?」




難易度の低い呼び方ですが、それでもいきなり「くん付け」で呼ぶのは照れてしまいますよね。



しかし実はここが年上彼氏の男心をくすぐるチャンスです。



少し照れながら「○○君って呼んでもいいですか?」と聞いてみましょう。



彼氏との距離をもっと縮めたいあなたの気持ちが伝わり、照れている年下彼女の姿にキュンとするはずですよ。



年上彼氏の呼び方を変える!男性が喜ぶパターン②「ちゃん付け」などあだ名をつける




年上彼氏の呼び方は


「くん付け」に続いて比較的呼びやすいのがあだ名です。



とは言え、もともと友達からの発展ならスムーズな方法ですが、そうでない場合呼び始めるタイミングに悩んでしまいますよね。



冗談っぽく呼んでみる




「○○ちゃん」などのあだ名は、冗談っぽく呼び始めるのがおすすめ。



わざとらしく甘えてみたり、何かをねだるときにあだ名を混ぜてみましょう。



違和感なくあだ名にシフトしていくことが出来ます。



年上彼氏の呼び方を変える!男性が喜ぶパターン③「呼び捨て」にする




年下彼女としては呼びにくいものですが、呼び捨てで呼ばれることが好きな男性もいます。



さて、この場合どのように呼び捨てするのがベストなのでしょうか?



もちろんいくら彼氏がOKしても、人前では男性を立てて呼び捨てしないようにすることが前提ですよ。



彼氏が望むならそれがベスト!




あなたの方から呼び捨てに変える必要はありませんが、彼氏がそれを望むならそうしてあげましょう。


もしかしたら彼氏はあなたの照れている姿が見たいだけかも。



そういった彼氏の気持ちを汲み取って、少しだけ付き合ってあげると喜ぶ姿が見られるものですよ。



最初は緊張するかもしれませんが、年齢に関係なく呼び捨てできるのも恋人の特権です。



年上彼氏の呼び方は付き合うタイミングで変えるのがスムーズ




年上彼氏の呼び方を変える


付き合いはじめてから時間が経ってしまうと、なかなか呼び方も変えにくくなってしまいます。



付き合うタイミングで「これからはなんて呼べばいいですか?」と聞いてみるのが一番スムーズです。