彼氏甘えん坊な理由


年上彼氏と聞くと、包容力があって甘えさせてくれるイメージがつきもの。



しかし実際は二人きりになったときに甘えてきたり、すり寄ってきたりと年上とは思えない男性も多かったりします。



そんなギャップにグッとくるときもあれば、ちょっとうんざりしてしまうときもありますよね。



そこで今回は年上彼氏があなたの前でだけ甘えん坊になる理由と心理、困ったときの対処法についてお伝えします。







年上彼氏が甘える理由・心理




年上彼氏心理


一見、年上彼氏と聞けば甘えさせてくれて、常に優しくリードしてくれるイメージを抱きますよね。



そのようなイメージを抱いて交際を開始したのに、付き合ってみたら甘えん坊で驚いたという方もいるかもしれません。



年上彼氏があなたの前でだけ甘えん坊へと変わるのはいったいなぜなのでしょうか。



普段は落ち着いていてクールな彼が、二人きりになったとたん甘えん坊に変わる。



そんな年上彼氏の心理をお伝えします。



甘えられる唯一の存在だから




男性はどうしても、他人から見てしっかりとした態度を求められやすいですよね。



疲れていたり、悩んでいてもプライドや見えもあって他人に相談しにくいこともあるでしょう。



そんな年上彼氏にとって、あなたは唯一素の自分でいられる、弱い部分をさらけ出せる存在ではないでしょうか。



特に学生ではなく社会人の場合、歳を重ねるにつれて社会的な地位も向上していきます。



そのため、立場的にも誰それ構わず自分の弱みを見せづらくなっていきますよね。



だからこそ余計に、心を許しているあなたの前では「素」の自分でいたいと思うのです。



普段甘えてくることのない彼が急に甘えてきたらきっと精神的、あるいは肉体的に少し疲れているのかもしれません。



彼の心の拠り所なのだと思って、あたたかく迎え入れてあげてくださいね。



そうすることで彼との関係もより一層深まることでしょう。



構ってほしいから




特に何があったわけでもないけれど、なんとなく甘えたくなるときありますよね。



それはたとえ年上彼氏であっても同じことです。



構ってほしい、ただそれだけで甘えてくる時だってあるでしょう。



ちょっと意地悪を言ってあなたの気を引いたり、突然抱きしめたりとスキンシップを求めてくることもあるかもしれません。



そんなとき、忙しいからなどと言って冷たく突き放してはいませんか。



本当に構っている余裕がないのであれば話は別ですが、年上彼氏なりに勇気を出してあなたに甘えてきていることも事実。



ひょっとしたらあなたの知らないところで辛いことがあって、話を聞いてほしい・構ってほしいというサインが隠されているかもしれません。



そのため、できるだけ冷たく突き放さずに時には思う存分甘えさせてあげることも必要です。



癒してほしいから




年上彼氏はあなたよりも社会人として社会に出たのが早いため、場合によっては役職についていたり、数多くの後輩を抱えているかもしれません。



そのため、何事も自分が手本とならなければいけない、自分が率先してやらなければいけないといった気持ちが必然的に強くなります。



だからこそ周りの人に甘えたり、頼ったりすることができず、彼女に癒してもらおうと考える年上彼氏は多いでしょう。



あなたといるときにまで気を張っていたら、心だけでなく身体も休まらずに下手をしたら大きなストレスを抱えてしまいますよね。



あなたに甘えて、癒してもらうことでストレスが軽減され、明日も頑張ろうというエネルギーの源に繋がっています。



甘えてくる度合いが強ければ強いほど、それだけ年上彼氏が社会の中で必要とされている証だと捉え、彼女であるあなたは彼のことを支えてあげてくださいね。



ちょっとしたお菓子を手渡したり、一緒に添い寝したりと、ほんの些細なことでも年上彼氏に喜んでもらえるはずですよ。







甘えん坊になる年上彼氏の特徴って?




甘えん坊特徴


さて、ここまで年上彼氏が甘えん坊になる理由・心理についてお伝えしてきました。



ですが、甘えん坊な年上彼氏は極力避けたい、注意点があれば教えてほしいといったかたも中にはいるのではないでしょうか。



そこで甘えん坊になる年上彼氏の主な特徴についてお伝えします。



年上彼氏の特徴を把握して、上手に対処してみてくださいね。



寂しがりや




甘えたいという気持ちは、常にだれかと繋がっていたい、ぬくもりを感じていたいという気持ちだともいえます。



一人で時間を潰すといったことが苦手で、ついつい一番身近で気を許した存在でもあるあなたに甘えてしまうのでしょう。



特に相手が社会人である場合、毎日上司や同僚、あるいは取引先のお客様との中で自身や周りと戦っています。



次第にストレスが溜まるだけではなく、ある種どこかで孤独を感じているともいえますね。



そのため、性格的に寂しがりやといった以外にも社会や立場的に孤独を感じ、あなたに甘えているケースも存在します。



ですので、寂しがり屋だとひとくくりにしてしまうのではなく、>彼の背景を少し考えてあげることも大切かもしれません。



やたら連絡を取りたがる




メールやラインなどで連絡を頻繁に取りたがったり、突然今日会おうなどと言ってきたりする男性は甘えん坊である確率が高いといえます。



また、返信を催促してきたり、まだ返信をしていないのに次々にメッセージを送ってきたりしたら同じく注意が必要だといえるでしょう。



あなたもマメに連絡を取ることが苦にならなければ問題ありませんが、マメな連絡が苦痛だと感じる方は難しいかもしれません。



連絡をマメに取るタイプでない場合は、関係が進展する前にあまり連絡を密に取らないタイプであることを前もって伝えておくとよいでしょう。



事前に伝えておくことで、彼氏もそういうものなのだと理解してくれるかもしれませんよ。



末っ子に多い




甘えん坊になる男性の多くは兄弟の中で一番上ではないケースが多いといわれます。



一見、一番最初に生まれた子どもだからこそ、幼いころから周囲に甘やかされて育っているのでは?と思いますよね。



ですが甘やかされるのと同じぐらい、親からの期待が大きい中で育つのもまた事実です。



そのため長男である男性は「自分がしっかりしなきゃ」という気持ちが強く、次第に甘えようと思っても甘えられない環境に身を置くことになります。



結果、長男である男性はどちらかというと甘えたくても甘え方がよくわからない方のが多いといえるでしょう。



反面、長男ではない男性は小さいころからお兄さんやお姉さんに甘えることに慣れている為、ある意味人に甘える術を自然と身に着けています。



ですので彼女ができたときも、無意識のうちについつい甘えてしまいがちだといえますね。



甘えん坊過ぎて困る場合の対処法




甘えん坊な年上彼氏のことを可愛いなと思うことがある一方で、ちょっとうんざりしてしまうときもあるかもしれません。



時に甘えられることが精神的に重く、負担に感じてしまうときもあるでしょう。



いつもいつも甘えん坊な彼氏の要求にこたえていたら、あなたが潰れてしまいます。



今は無理、自分に余裕がない、そう感じたときは必要以上に歩み寄らず、少し距離を置くことも大切です。



また、それでもつらいと感じるのならば一度彼氏としっかり話をしてはいかがでしょうか。



将来を見据えて長く付き合いたいと思っているのであれば、そんなことが原因となって別れてしまうなんてこと避けたいですよね。



きちんとあなたの気持ちを彼に伝えてみましょう。