年上彼氏に愛されるには


優しくて包容力がありそうな年上の彼氏と付き合いたい…!



年上男性との恋愛に憧れを抱きつつ、どう付き合えばいいのか悩んでいるあなた、



今回は年上彼氏のもつ魅力に加え、上手く付き合うためのコツと注意点についてお伝えします。



年上彼氏に愛されるポイントを掴んで、幸せな恋をゲットしてくださいね!







同い年にはない年上彼氏がもつ魅力




年上彼氏の一番の魅力はなんといっても包容力の高さではないでしょうか。



包容力が高い男性からは安心感を得られるだけでなく、守ってもらっているという幸福感で心が満たされますよね。



包容力以外でも、年上彼氏は人生経験が豊富です。



そのため、同い年や年下の彼氏に比べてあらゆる場面において落ち着きがあり、困ったときには頼もしくリードしてくれるだけでなく的確なアドバイスをくれるでしょう。



また、経済力といった面でもある程度一定の収入が見込めることから、将来をきちんと見据えたお付き合いがしやすいことも魅力のひとつとして挙げられます。



同年代や年下に苦手意識を抱いているあなた、ぜひ年上彼氏との付き合いを前向きに考えてみませんか?



年上彼氏の呼び方はどうしたらいい?




年上彼氏と接する上で、どのように相手の事を呼んだらいいのか悩みますよね。



呼び方が名字や「さん」付けでは仰々しいと思いながら、いきなり呼び方を変えたり、呼び捨てにするのもどうかと躊躇してしまうもの。



そんなときは思い切ってどう呼んでほしいか聞いてみましょう



男性によって好む呼ばれ方が異なりますので、悩むよりも聞いてしまった方が迷わなくて済みますよ。



また、年上彼氏は周りからどう見られているかを気にする傾向にあります。



そのため、場面や状況に応じて適切な呼び方を心掛けるようにするとよいでしょう。



年上彼氏とのデートを成功させるには




年上彼氏デート


同年代の彼氏であれば、歳が同じということもあって流行りや感性も近いことから年齢を感じることなくデートを楽しむことができます。



その一方、年上の彼氏とデートするとなると会話の内容について悩んだり、どんな風にすれば楽しめるのか考えてしまいがち。



ここでは年上彼氏とのデートを成功させるためのポイントについてお伝えします。



年上彼氏に合わせた身なりにしよう!




身なりを整える上で、髪型や服装は年齢差を感じさせやすいといえます。



特に歳の差があればあるほど服装の違いが顕著に目立ちやすく、下手をすると「なんだか落ち着かないな」と年上彼氏に感じさせてしまうかもしれません。



そこで年上彼氏とデートする際にはまず、身なりに気を配ることが大切です。



例えば彼氏が仕事終わりであればスーツにあわせた格好にしたり、普段もできるだけ落ち着いた印象の洋服を着たりといった具合に。



日頃から落ち着いた身なりを心掛けていれば、彼氏もお洒落なお店などにあなたを誘いやすくなるでしょう。



またどんなに身なりが整っていてもマナーや礼儀が伴っていなければ、違和感が残ってしまいます。



身なりを整えるだけでなく、挨拶や食事マナーをはじめとした礼儀正しさも忘れないように気を付けましょう。



奢ってもらって当然という気持ちはNG




年上彼氏は金銭的な負担をしてくれることが多いですが、奢ってもらって当然と思わずにありがとうという感謝の気持ちを持つことが大切です。



デートの際に年上が年下に払うという決まりはありませんし、彼の好意に甘えてばかりではいけません。



年上彼氏に奢ってもらったときはお礼を言うだけでなく、次は自分が支払うといったぐらいの気持ちを持つようにしましょう。



会計前で「奢るよ」と言われた場合でも財布を手に取り、お金を出して支払う意思があることを態度で示すことをお忘れなく。



奢ってもらってばかりではなく、ときには気持ちとしてささやかなプレゼントを渡したり、手作り料理を作って振る舞ったりしてもよいかもしれません。



謙虚さと感謝の気持ちを忘れずに持ちあわせている彼女だと思ってもらうことで、年上の彼氏と良好な関係をきづくことにも繋がります。



自分の気持ちは素直に伝えよう




年上彼氏はデートの際にあなたをリードしたいと考えていますし、あなたもどちらかといえば年上彼氏にリードしてほしいと考えているでしょう。



年上彼氏のペースに合わせてデートをすることももちろん大事なことですが、時には自分の気持ちを正直に伝えることも大切です。



たとえばデート中に「何が食べたい?」と聞かれて、「なんでもいい、任せるよ!」と言われたらあまりいい気分はしませんよね。




質問に答えないことは相手を困らせるだけでなく、優柔不断で自分自身を持ち合わせていないと思われてしまいかねません。



お互い楽しむためにも、意見を求められたときはきちんと自分の言葉で相手に伝えましょう







年上彼氏との恋を長続きさせる秘訣




年上彼氏恋、秘訣


包容力があって、頼りがいのある年上男性。



付き合うことが出来たなら将来も見据えた上で長く付き合いたいですよね。



とはいえいくら年上だからといって、甘えすぎたり、精神的に依存し過ぎてはいけません



そこで、ここでは年上彼氏と長く付き合う上で気を付けたいことをお伝えします。



年上彼氏と上手に付き合って、思い描く未来に向かって進んでくださいね!



時には彼氏に甘えさせよう




相手が年上で大人の男性であっても、あなたに甘えたい、自分を受け入れてほしいと思っています。



年上彼氏が心の底から一息つけるのはあなたの前だけ。



無理に聞き出す必要はありませんが、時には日頃の愚痴を聞いてあげたり、疲れた身体を労わってあげたりしてはどうでしょうか。



うまいことが言えなくても、自分の話をあなたが受け止めてくれたという事実が年上彼氏を安心させます。



隣に寄り添ってじっくり話を聞いてあげる姿勢を大切にして、彼に寄り添ってみましょう。



価値観の違いを楽しもう




年上彼氏と付き合う中で時にネックになるのが、価値観の違いではないでしょうか。



価値観の違いが別れの理由になってしまうのは、なんだか寂しいですよね。



歳が離れている以上、価値観の違いが生じるのを避けることはできません。



しかし、捉え方を変えるだけでうまく対処することが可能です。



自分が今まで思いつきもしなかった角度から物事を捉えていると考え、「そんな考え方があるのか!」と価値観の違いを楽しんでみましょう。



自分自身の価値観を変える必要はありませんが、相手の価値観を受け止めて認めることで自身の見識も深まりますよ。



お互いの価値観の違いを楽しんで、より円滑なコミュニケーションをとってみてくださいね。



子供っぽい態度は控えよう




つい背伸びした自分を見せたり、大人びた言動をしてしまうことも避けた方がよい一方で、あまりに子供っぽい態度をとることはやめましょう。



ちょっと気に入らないことがあるとすぐ不機嫌になる、我儘ばかり言ってしまう、こんな態度では誰でもうんざりしますよね。



年上彼氏だからと甘えすぎてしまい、調子に乗ってしまうことはあまりよくありません。TPOや常識をわきまえた行動をとることが大切です。



また併せて気を付けたい点として、精神的に依存し過ぎないことも大事。



程度にもよりますが、あまりに多くを彼氏に求め過ぎてしまい、なんでもかんでも頼ってしまうと相手も疲れてしまいます。



彼氏にとって自分はどんな存在であるのがいいのかを考えながら、上手にお付き合いしていくようにしたいですね。